ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

台北 新北投散策

温泉出て、すぐ隣りの梅庭へ。観覧無料。
IMG_0099_convert_20170419114823.jpg
書道家の素敵なおうち。
IMG_0106_convert_20170419121702.jpg

そこから緑の中を歩いて、地熱谷へ。
IMG_0114_convert_20170419115330.jpg

IMG_0115_convert_20170419115531.jpg

IMG_0122_convert_20170419115845.jpg

IMG_0125_convert_20170420155402.jpg

IMG_0130_convert_20170420145125.jpg
気持ちのよいところです。入口付近で売っている温泉卵を旦那は食べていた。皮がむちゃくちゃ剥きづらく、味は日本と変わらないとのこと。

IMG_0132_convert_20170420145713.jpg
温泉博物館へ。ここも観覧無料。台湾は入館料を取らないところが多い。ありがたい。
IMG_0133_convert_20170419120536.jpg
舞台もある大宴会室
IMG_0135_convert_20170421105224.jpg
風が吹き抜けて気持ちいい!!お風呂上りにここでごろりとしたい!!ここでルーシーレッスンやりたい!!
IMG_0140_convert_20170419121224.jpg
大きい浴室、というかプール。坂になっている。
IMG_0138_convert_20170419120915.jpg

IMG_0137_convert_20170421105543.jpg
これは個室風呂
IMG_0139_convert_20170420161242.jpg
小部屋では台湾の古い映画を上映していました。青い山脈の曲が流れたりもしていました。

周囲には温泉宿がたくさんあります。日本の加賀谷もあります。台北駅から40分くらいだし、温泉に何度も入りたいなら新北投に宿泊もいいですよね。温泉好きな母を連れてくるなら、中心地よりここに宿泊が絶対いいなと思います。でも母はそれなら草津のほうがいいと言うかな、言うだろうな。。もっと早く大人になっていれば(精神的に)、父を連れてくることも出来たかもしれない。センチメンタルに入りっぱなしでは生きていけない。でもこういう思いはふとした時に顔を出す。

ここは年を取ってからの海外旅行にも最適な場所だと思います。真夏でなければ。




東京レッスンご案内 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html
別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨

台北 新北投温泉へ

IMG_0072_convert_20170419113634.jpg
ちょこっとだけホテルモーニング。

朝一で台北市の郊外にある 「 新北投温泉 」 へ。台北の中心からでも30~40分で着く。
IMG_0074_convert_20170419113851.jpg
新北投駅にはこのキャラクターがいっぱいいた。
IMG_0085_convert_20170419114102.jpg
お洒落でエコな建物で有名な図書館

IMG_0092_convert_20170419114420.jpg
以前は天然の川湯で足湯できたそう。今は禁止されているそう。残念。

IMG_0093_convert_20170419114658.jpg
木々がいっぱいで、湿った空気がおいしい。いいところだ~。

IMG_0083_convert_20170420144652.jpg
ここでもやはり太極拳をする人々が。

どこかでお風呂に入ろうと思って準備をしてきました。台湾のお風呂は、水着で入る混浴か、裸で入る男女別か、または個室風呂。そして旅館やホテルなどのなんでもそろっている綺麗なところか、公共の温泉か。

最初は無難にまあ綺麗なところでいいかと思っていたのだけど、行ったことある人が綺麗なところでそんなにいいお湯というわけでもなかったと教えてくれた。そういえば日本の温泉も一番いいお湯は公共風呂だったりするし、どうせならいいお湯に浸かりたい。衛生的に難があれば、あとで綺麗なところに入りなおせばいいかなと思って水着も用意してきました。

とりあえず、目についた公共の露天風呂へ入ってみました。いきなりちょっとハードル高くて恐る恐る。
IMG_0108_convert_20170419115120.jpg
受付の人が水着のことについて何か言っている。ビキニはダメとかなんとか、、持ってきたワンピースの水着をみせたらOKと言われてホッ。

写真は撮れないので、文章で長く説明。。。

入口入って石段を下りると、野外に靴置き棚。雨が降るかもしれない予報だったので、サンダルなら問題ないけど、スニーカーだったから濡れないようにビニール袋に入れておきました。
個室のシャワーが並んでいるので、そこで着替えます。男性は外で着替えている人もいる。20元のコインロッカーがあるけど、その辺の岩の上に荷物を置いている人も多い。

着替えて、ロッカーに預けて、いざお風呂へ!!
ここは2時間制。この時は朝8~10時の枠。すでにたくさんの人で賑わっていました。この時間だからなのか、外国人は私たちだけらしかった。

広い段々の岩風呂になっていて、温度が違うのが3段階、それと冷泉がある。見ていると台湾の人はかけ湯は足しかしない。真似をして、まずは一番低い温度から、、ふーーーー気持ちいい。そんなに熱くてたまらないということもない。

たくさんの人、、でもご年配の方ばかり。お風呂に入りながらお話しした台湾人の方の話しでは、この時間は老人が多い、老人は無料なので毎日来てるよ~ということでした。
「 夕暮れがお勧めだよ、でも明日はお休みなんだよ、なんでお休みかは分からない、いきなりだよ、台湾ではよくあることね。」とにこにこのおじいさん。気づくとたくさんの笑顔の台湾のご老人に囲まれていた。入り込んだ日本人をみんな優しく見守ってくれている感じ。こういう場だからというだけでなく、顔やリラックス度を見る限り、台湾人のほうが日本人より幸せ度が高い気がする。

2段階、3段階と順調に熱いお湯へ移っていきました。一番熱いお湯は皮膚にびりびりときてすごーーーく気持ちよかった。でも長くは入っていられない。冷泉で身体を冷やして、そうするとまた熱いのが入りたくなる。何回かそれを繰り返しました。世界ではここと秋田県の玉川温泉でしか産出されない、北投石というラジウム温泉。皮膚感覚的にかなり効能ある感じ。こんなお湯に毎日入れたらいいな~。

入っているとたまにピピーーーっと笛の音が鳴る。みると上下真っ赤な服を着た、顔も含めてかなり個性的なおじさんが笛を吹いて注意している。あれか・・・!!肌をこすることは全て身体を洗うこととみなされ、禁止だそうで、つい肌をこすった人とかを注意しているみたい。無意識にこすらないように両手をお湯から出していまいた。まるで満員電車で痴漢に間違われないようにしている男性のよう。とにかくじーーーっとして、出るときはそーーーっと出る。バシャバシャするひとなんて一人もいない。この微妙な緊張感が面白い。

露天風呂は開放感抜群で気持ちいい。でもこの時は曇り空だったので助かったけど、炎天下は大変だろう。だからか長袖、長スパッツ、サンバイザー、サングラスの超重装備の方もちらほら。
それと水をちょこちょこ飲みながら入ったほうがいいと思います。私たちは、ロッカーに水を入れっぱなしで飲まなかったので、後からちょっとぐったりしました。

それというのも、ちょっとお試しのつもりが思いのほか楽しくて長居してしまったから。他のタイプも試したいと思っていたけれど、長湯しすぎて、一つ目で終了!!今後台北にきたら、温泉に行くのは必須になりそうです。





東京レッスンご案内 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html
別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨

台北 阿城切子麵

台北旅一日目。

夕方にホテルに到着して、すぐに牛肉麵屋へ。牛肉麵はあの台湾の調味料の味がばっちりするので台北にきた~という気分にしてくれます。さっぱりしたかったので野菜の酢漬けを食べました。私は牛肉麵よりおかずが好き。
悪くはないけど、いまいちだったので少量にしておいて、他のお店へ梯子することにしました。前回失敗したので、最初は少なめに頼んで様子をみるということにしておく作戦が良かった。

阿城切子麵
IMG_0027_convert_20170419102132.jpg
夕方5時過ぎ、地元の方で賑わっていました。もう夕食?
IMG_0004_convert_20170419102308.jpg
ワンタンとラーメンだけカタカナ表記。なんでかな?日本語はほぼ通じない。注文票に書き込み注文。
IMG_0007_convert_20170419103148.jpg
台湾ビールは癖がなく飲みやすい。
IMG_0006_convert_20170419104104.jpg
とりあえず青菜炒め。
にんにくがきいていて、モロヘイヤのようなぬめぬめ感のある青菜、美味しい。自宅でもニンニクと中華出汁で青菜炒めをたまにやりますが、シンプル調理でとっても美味しい。
IMG_0009_convert_20170419093247.jpg
ここのワンタンは皮薄めで小さめでぺろりと食べられます。でもネギ油がかかっているので油苦手な私はたくさんは食べられないかな。でも熱々ほかほかで美味しかった。
IMG_0008_convert_20170419104257.jpg
これが切子麵。汁アリと汁ナシがあります。汁なしタイプはこの甘めのタレをからめて食べます。これも熱々でほかほかで美味しかった。もういらないやと思っていたのに食べ始めたら美味しくて、するするほかほか止まらない。

日本でもそうだけど、勢いあって、熱々で出てくるのは、99%間違いなく美味しい!!

ここは入口にショーケースがあって、いろんな部位の生肉やイカなんかがあって、指さしするとその場で煮てくれるらしい。旦那がそういうの好きだと思って調べておいたお店だったけど、青菜とワンタンと切子麵で満足しました。美味しかった、ごちそうさまでした。

その後、テクテク散策しながら、前回美味しかったマンゴーかき氷屋さんへ行きました。お腹いっぱいだし、超人気店で並ぶだろうから、食べられればというくらいの気持ちで。。
でもやっていない、、、なんと4/27からの営業予定でした。ここのお店はマンゴーのない時期はお休み。通常4月半ばには営業再開みたいだけど、今年は4/27からでした。
IMG_0020_convert_20170419103937.jpg
しかし!!!なんとプレオープンで4/15と16、今日と明日の11~15時は営業すると書かれている!!
明日、もし来られたらと思って後にしました。

街歩き
IMG_0014_convert_20170419103605.jpg
果物の屋台はあちらこちらに。珍しい、名前を知らない果物もいろいろありました。
IMG_0019_convert_20170419104820.jpg
なに?という顔。
IMG_0021_convert_20170419111946.jpg
やはり猫はかわいい。癒される。

IMG_0023_convert_20170419112548.jpg
市場の中心にある廓。夜はライトでキラキラ。
IMG_0024_convert_20170419112413.jpg

IMG_0035_convert_20170419112845.jpg
日本にはないキャラクターが台湾にはある。
青草茶はペットボトルではなくお店のを飲んだけど、ペパーミント的な感じで甘味があって飲みやすい。ただ台湾の飲み物は、甘すぎることが結構多い。




東京レッスンご案内 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨

台北の京劇ショー Taipei EYE

台北旅に行ってきました。
旅行中、いろいろ食べたい物が押し寄せていたので、今は食傷気味。なので食を離れて、まずは台北で観た人形劇と京劇の話題から思い出します。

今回は食べ過ぎ防止のためにも、美味しく食べるためにも、食以外の場所へいろいろ行ってみることにしました。その一つが TAIPEI EYE ( タイペイ アイ )。中国の伝統舞台芸術。土曜日だけが90分、その他の日は60分のほぼ観光客用の舞台です。行ったのは土曜日だったので、90分でした。

前半30分が人形劇
IMG_0041_convert_20170419093759.jpg
人形の動きが好きで、文楽も好きです。人間では生っぽく、余計なものが感じられることが多いけど、人形はそれがなくて美しいです。こんな動きや佇まいが出来るようになってみたいな~。

内容は夫婦漫才みたいなのと、遊ぶ子供や動物だったり、可愛らしいもの、おめでたいもの関連でした。

休憩時間は20分あり、その間にロビーで記念撮影や京劇のプチショーがあったり、いろんな人形の展示があったりと楽しめます。
IMG_0052_convert_20170419100704.jpg

IMG_0050_convert_20170419100859.jpg
生音でかなり賑やか。いろんな中国の楽器も見られて面白かった。
IMG_0053_convert_20170419094628.jpg
50体くらい?ずらりと並んでいました。
IMG_0055_convert_20170419100441.jpg

IMG_0056_convert_20170420111936.jpg

お客さんは私たちのような個人組が少し、あとは日本や中国の団体客がずらり。満員でした。人形劇があるなら、座る場所を選ばないとよく見えません。私は大きいので見えましたが、お隣りの日本人マダムが「見えなーーい。」と言っていました。

さて後半の京劇。
今回は八仙と龍宮の仙女の物語。。たくさんの仙人の登場。アクロバティックな動きもたくさんで華やかなもの。
IMG_0071_convert_20170419095842.jpg

単純に楽しめました!!

終わって夜9時半、タイペイアイから雙連の飲食店街まで徒歩5分くらい、寧夏夜市までも徒歩10分くらいで行けますが、お腹は満たされているし、賑やかなところへ行く気もせず、マッサージを受けるほど疲れていないしで、プラプラ適当に散歩しました。日中は日差しが強くて暑いから、のんびり外散歩は不向きですが、日が暮れてからの散歩は楽しい。日本よりも少し湿度が高くむんわりするくらいの陽気。ガイドブックなどには載っていない、いろいろ良さそうなお店を探すにもいい時間です。

チェーン店のタピオカドリンク店、「 50嵐 」 でタピオカ入りのさっぱりしたお茶を飲みました。日本人と分かると日本語メニューをくれます。
IMG_0036_convert_20170419101800.jpg
お茶は無糖にしたけど、ここのタピオカはかなり甘いので、それで十分。タピオカが思った以上にお腹に溜まり、二人で一つだったけど、お腹がいっぱいに。

独特の雰囲気の廟がありました。
IMG_3975_convert_20170419113431.jpg

檻の中に地に這う龍。
IMG_3976_convert_20170419113457.jpg

明け方に気が高まる場所、夜に高まる場所、日中がいい場所など、、ここは夜に高まる場所だと思いました。独特のものが流れ込んできました。たくさんある廟の中で気に入った廟。日中にもお参りしましたが、夜のほうが断然印象深い。こういう空気的なもの、雰囲気的なものって、妙に残る。思い出すと身体の中にずずずーーーと何かが沸き起こってくる。意識でつながるのだと思う。

繋がるところを意識的に行うこと、、そういうことのプロフェッショナルが道士や陰陽師や魔法使いなのだろうと思う。いろんな術があり、それを使いこなすこと、精度を上げていくこと、、そういうことにとても興味がある。でもそういうものに囚われず、「 そのまんま 」 でありたいという欲求、それも強くある。深いところでは、そちらのほうが強い。



東京レッスンご案内 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨

台湾旅⑩ フライト

さて、台湾ブログも最後です。
成田から台湾行きの飛行機、夜出発でした。最近羽田利用ばかりで、成田久々。
IMG_2600_convert_20161011134740.jpg

IMG_2603_convert_20161007235146.jpg

短いフライトですが、機内食が出ます。チキンかポーク、チキンにしました。
IMG_2599_convert_20161007235345.jpg
夜遅くに到着。混載バスでホテルへ。バスガイドさんが面白い人でした。


帰りは午後発
IMG_6253_convert_20161011134222.jpg

IMG_6265_convert_20161011134350.jpg

トランスアジア航空でしたが、行きも帰りも機内食は同じ。帰りはポークにしました。
IMG_6269_convert_20161011134927.jpg

台北の桃園空港は食べるところいろいろありました。タピオカミルクティー買いましたが、こちらはまず甘味が何段階か選べます、それと氷アリなしも選べます。
IMG_6244_convert_20161011132239.jpg

帰ってからしばらく旦那と二人で台湾ロス!!!また行きたいねと言っています。
ただ翌日から3日間くらいは食欲不振で私の胃はぐったり。台湾は、たくさん食べられる人をとてもうらやましく思う場所です。でも量というより、肉食が多いのが私には合わなかったのかもしれません。次回は台湾では「 素食 」 と呼ばれるベジタリアン料理もいろいろ食べてみたい。かなりの技ありな代物らしいです。

台湾旅、、、一番よかったのは、やっぱり道教の総本山、木柵指南宮の玉皇太帝のエネルギー。超光ってた。
今の私にはとっても重要なエネルギーでした。立禅しているとそのエネルギーが浮かび上がってきます。本当にありがとうございます。不思議なものではなく、生きていればエネルギーがあります。質はいろいろ。どれも間違いではない。




東京レッスンご案内 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

2016/10/30 高麗神社イベント参加のお誘いhttp://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-1018.html
別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨
BACK | ルーシーダットンをするひるり | NEXT