ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

台北一人旅 順益台湾原住民博物館~長春素食へ

象山から下山して、今度は順益台湾原住民博物館へ向かいました。
士林駅からバスで故宮博物院前で下車。。降りた人全員が故宮博物院へ向かう中、私は原住民博物館へ。
IMG_5978_convert_20171002183408.jpg
空き空きな博物館。
IMG_0612_convert_20171002180314.jpg
タイヤル、タロコ、セデック、サイシャット、ブヌン、アミ、サキザヤ、サオ、ツォウ、プユマ、クヴァラン、パイワン、ルカイ、ヤミ、サアロアとカナカナブなど。。。台湾原住民の文化、歴史などが展示されています。1階にある映像コーナーは日本語のものもあり、台湾原住民について大まかですがいろいろな面を知ることが出来ました。様々な楽器が展示してあり、またそれが興味深い。台湾原住民の音楽性は素晴らしいそうです。衣装も素晴らしく、刺繍などデザインが可愛くて素敵なものばかりでした。


長春素食へ
IMG_5927_convert_20171002194923.jpg
すでに午後2時を過ぎ、何か食べたい時間がやってきた。お肉や魚を胃が受け付けない感じがまだ続いていたので、台湾のベジタリアンフード、素食を食べに行くことにしました。

士林駅前の素食レストランに行ってみると、すでにランチタイム終了。。。たいがいこういう店のランチタイムは終わってしまっている。そこで日本のガイドブックでもお馴染みのアフタヌーンティーもやっている長春素食へ行きました。

双連駅から歩いて10分くらい。空港からの送迎バスに乗ると連れてこられるお店の二階にありました。人気店なので予約したほうがいいと書いてあるけれど、とりあえず行ってみたら、すんなり入れました。アフタヌーンティータイムはそこまで混まないのかも。

IMG_5909_convert_20171002194744.jpg
ここはビュッフェ形式です。サラダ、果物、おかずたち、スープもいろいろ、デザートやお茶も種類豊富にありました。一人でビュッフェに来るなんて初。とにかくいろいろ試したいので、少~しづついろいろ取りました。
IMG_5915_convert_20171002194831.jpg
飲茶類。饅頭はすぐにお腹いっぱいになってしまうので、一切手を出さず。目の前で大根餅を焼いてくれていた。

スープも何種類もある。でも1種類しか食べられなかったな~。中国茶のベンディングマシーンがあって、それが濃さを三種類から選べて、さすがと思いました。

日本では見ない野菜や、果物が面白かった。ケーキ類は正直美味しくなかったな。でもいろいろ食べられて面白かったです。でももうここは私は行かないな。。。今度は素食のコース料理を食べにいこうと思いました。

でもゆっくりお茶まで楽しめて、朝から歩き回ってグダグダの私はすっかり回復させてもらいました。暑さで食欲失っていたけど、素食なら食欲沸いてくるのが分かったし。

観光客が多いのかと思ったら、地元の方だろうなという方々でいっぱい。尼さんも結構いらっしゃいました。台湾は10人に1人がベジタリアンだそうです。

満腹~、もう夕食はいらないだろうというくらい。。
さてこの後、最後の夜、どうするか、、、とりあえずホテルにいったん戻ってシャワーを浴びて着替え。




 東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

 個人レッスンなどhttps://tororitekerori.jimdo.com/個人レッスン-出張など/

別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨

台北一人旅 象山(しょうざん)

3日目の朝、ちょっと疲れ気味。。ちゃんとホテルで朝食をとってから出かけました。8時半に出発したけど、すでに暑い。暑いけど山登りに行くことにしました。
IMG_0451_convert_20171002200423.jpg
象山という台北101のすぐ近くにある小さな山です。大きな公園沿いに行く一般的な近いほうの入り口ではなく、大通り沿いから入って、虎林公園、病院の横を抜けていく方から行くことにしました。歩いても大した距離ではありませんでした。
IMG_5906_convert_20171002180536.jpg
虎林公園を通り過ぎる。気持ちいい。
IMG_5908_convert_20171002180708.jpg
病院横の坂道を登る。ずらっと車が並んでいる。すごーーい、おもしろーーーい。
IMG_0457_convert_20171002172815.jpg
入口に到着。象が横たわっていました。可愛い。ここですでに気持ちいい~。
IMG_0458_convert_20171002173202.jpg
緑いっぱいです。
IMG_0481_convert_20171002173016.jpg
なかなか細い道で、こういうの大好き。
IMG_0490_convert_20171002173805.jpg

IMG_0462_convert_20171002173524.jpg
日差しは強いけど、たくさんの木々、葉っぱが光をさえぎってくれて、ちょうどいい。
IMG_0498_convert_20171002174425.jpg
こういうのワクワクします。
IMG_0499_convert_20171002173940.jpg
きれ~い
IMG_0516_convert_20171002174602.jpg

IMG_0556_convert_20171002174743.jpg
駅から登ってきた車がいっぱい並んでいた道がみえる。緑が本当にわさわさと元気が良くて、私も元気をたくさんもらう。

私とは逆に、山道を降りてきた地元民のおじさんと立ち話ししました。言葉は分からない、、けど、とにかくリアクションで伝える。おじさんは「おおさか~、きょうと~、とうきょう~」とか知っている日本語を駆使してくれていた。意味が分からなくても、話して楽しかった。

緑いっぱいで私は生き生き、汗だくだく。でもそれほど高い山ではありません。あっという間に上まで行けます。え、もう着いちゃったの?という感じ。

六巨石に到着!!六つの巨大な石がある場所です。
IMG_0562_convert_20171002174953.jpg
大きな岩、宮島の弥山頂上を思い出しました。
IMG_0575_convert_20171002175500.jpg
岩の上に座ってのんびり。混雑時は岩の上に登るのも順番待ちだったりするらしい。この日はそんなこともなく、ゆっくりできた。
といっても私は高所が怖い。落ちないと分かっていても立ち上がれない。足がぶるぶるする。そのぶるぶるする部分は、温泉で痛くなった箇所、足の脛の下のほうだった。心と体はつながっている。じゃあここを強化したら、高所恐怖症が改善されるかも。自分で実験したいと思います。
IMG_0571_convert_20171002175149.jpg
ここは夕暮れから夜景の絶景スポットで、その時間帯は写真を撮る人でいっぱいらしい。それもそれで来てみたいけど、今回は岩の上でゆっくりできてとても良かった。

IMG_0588_convert_20171002175714.jpg
今度は一番利用される道で下山しました。
IMG_0589_convert_20171002180143.jpg
下山途中から、お経が響いてきた。とても美しい音。入口に廟があると書いてあったから、そこからだろう。とても心地よく、さらに気分をあげてくれた。
それが途中からはっきり変わった。車の音やいろんな騒音も同等に耳に入ってきて、もうお経の響きは美しく幻想的なものではなく、耳に届く音の一つ、混ざり合った音の中の一つになっていた。
同じに音を発していても、山のある地点まではお経のみが届く。ある地点から他のものに混じっていく。濁っていく。。。

これは物理的な自分の今いる場所でのことだけど、自分の意識がどの地点にいるか、どこにいるかで聴こえてくるもの、受け取るものが違ってくる、、というようなことを考えながら下山した。高い地点にいると、こういう考えるということもあまり起こらない気がする。意味づけとか分析とか必要なくなる。

子どもの頃、夜中眠れず起きていた時、田舎だったので夜中も虫の音などで結構賑やかだった。人間の生活音がないだけで、他のいろんな音が聴こえてきた。でもある時刻、その時がくると本当に 「 しーーーーーん 」 とする。虫もみんな眠りにつくその一瞬のような時間ではかれないような時間。そういうものに出会えると、楽しくて仕方がない。





 東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

 個人レッスンなどhttps://tororitekerori.jimdo.com/個人レッスン-出張など/

別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨

台北一人旅 大龍峒保安宮と孔子廟

圓山大飯店をあとにし、駅の反対側にある孔子廟と大龍峒保安宮へ行きました。
IMG_0435_convert_20171002080859.jpg
ここは台北市内でも特に排気ガスが気になるところの一つでしたが、やはり安定の排気ガス量・・・。
IMG_0418_convert_20171002084233.jpg
しかし孔子廟の中は静か。
IMG_0410_convert_20171002084724.jpg
実はこの日の翌々日は、孔子様の誕生祭。当日の式典の開催時間等、情報収集もかねて来たのでした。当日は朝5:20から式典が始まるらしい。
IMG_0426_convert_20171002011311.jpg
孔子廟は、以前昼来たときもそうだったけど、あんまり人がいない。
IMG_0429_convert_20171002080512.jpg
この床、好きだな~。

お隣りの大龍峒保安宮へ。
IMG_0442_convert_20171002085051.jpg
ここは健康の神様。
IMG_0438_convert_20171002082738.jpg
ここは独特の落ち着きがあり、好きなエネルギーのところです。
IMG_0444_convert_20171002084851.jpg
夜の保安宮は参拝客が少なくて、静かにじっくりここのエネルギーに触れられました。大満足。夜遅くなっても、龍山寺や行天宮はいつでも混雑している。健康より、財運や仕事運のほうが、人間熱心になるものなのかな。
IMG_0446_convert_20171002083646.jpg

夜の保安宮がとても良かったので、気分がよくてまた夜道散歩。余韻に浸るには、歩くのはとてもいい。圓山駅~民権西路駅~双連駅~中山駅~ホテル てくてく街をみながら歩いた。
IMG_0448_convert_20171002090156.jpg
途中になんだかとっても気になる無添加のお菓子やさんがあったので入ってみた。エッグタルトとパイナップルケーキを試しにひとつづつ買ってみました。パイナップルケーキは手作りでもだいたい2週間~1ヶ月はもつものがほとんどだけど、これは賞味期限が3日間。白砂糖は一切使っていないらしい。でもこういうのは食べてみないと人へのお土産にはできない。中秋の名月近くで、月餅が売っていました。

※今ネットで調べてみたら、馬可先生では、有機栽培された雑穀を使い、カナダから直輸入された上質のオリーブオイルとメイプルシロップを使っていて、 砂糖は使わず、甘味はこのメイプルシロップとドライフルーツやナッツの自然の甘さのみというこだわりのパン屋だそう。

汗だくで双連駅に到着。もうすでに21時を過ぎている。。。夕食になにか食べたいけど、食べたくない感じ。ということで氷讃へ。
IMG_0450_convert_20171002083557.jpg
すんなり入れました。
IMG_5895_convert_20171002083815.jpg
スイカが売り切れで、マンゴーとキウイのかき氷。一人で一つ食べるのは初めてでしたが、ぺろりと食べられました。私は日本にいるとかき氷を食べたくなることはありませんが、台湾では美味しいと感じます。いつも暑い時に歩き回って汗だく三昧ばかりだから、身体が欲っするんでしょうね。かき氷は熱中症対策にいいのがよくよく分かりました。
IMG_5898_convert_20171002084058.jpg
さっき買ったエッグタルトも食べました。台北は持ち込み可能な場所も多い。料理やさんにペットボトルや缶ビールの持ち込みもよく目にします。ローカル店のみかもしれませんが。
馬可先生のエッグタルトは、本当に自然な甘みのみで、お菓子という概念にはあてはまらない感じ。夕食にはちょうどよかった。パイナップルケーキは結局日本に帰ってきてから食べましたが、やはり自然な甘みで胃もたれなしです。でも人にあげるのは難しいな。

医食同源、台湾に来ると体にいいものいろいろあって、嬉しい。とかいってこの日の私の夕食は、かき氷とエッグタルト。。。はははは


 東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

 個人レッスンなどhttps://tororitekerori.jimdo.com/個人レッスン-出張など/

別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨

台北一人旅 圓山大飯店へ

ホテルでシャワーを浴びて、着替えをして、さっぱりとしてから、、台湾一の高級ホテルといわれる圓山大飯店へ。

士林夜市で有名な劍潭駅で下車。駅から無料シャトルバスもありますが、そんなに遠くもないから駅から歩いてみました。歩きが一番、場とのつながりが深まるので、できるだけ歩きます。
IMG_0373_convert_20171002004811.jpg
夕方の通勤ラッシュ。。バイクがいっぱい。
IMG_0372_convert_20171002004107.jpg
早速みえてきました。高台にあってすぐに見つかります。客室からの見晴らしはさぞかしいいのだろうな。
IMG_0374_convert_20171002005425.jpg
この裏手の入口にも狛犬。ここから遊歩道を登って行きました。看板があってわかりやすいです。暗くなったら難しいので、その場合は迷わずシャトルバスかタクシーで。でも駅から10分もかからないほどの距離でした。
IMG_0380_convert_20171002005217.jpg
どどーん。
IMG_0378_convert_20171002005000.jpg
ちょうど綺麗な夕暮れ時。今回の旅は夕焼けがたくさん見られました。日中の日差しを避けて、夕暮れの野外散策を満喫しました。
IMG_0386_convert_20171002005830.jpg
圓山大飯店のロビー。赤い絨毯が敷き詰められ、赤、赤、赤。団体客でごった返している。
IMG_0409_convert_20171002005643.jpg
国賓を招けるようなホテルをということで建設されたらしい。
ここは台湾神宮跡地に建てられたそうで、やはり風水的にも最高の立地。ただ高速道路建設でそれは一度崩れ、経営も上手くいかなくなった時期があったらしい、そしてまた盛り返して現在に至るという話し。
穏やかになれるというよりも、上昇志向がいっぱいな感じの場所でした。

こんなに赤いけど、水の気の多い場だと感じました。それを赤で風水的に良くしているのかも。日本でもおなじみの赤の鳥居。厳島神社とか箱根神社とか、水のあるところに赤の鳥居は最高だと、以前気功の先生が言っていたのを思い出しました。
しかしこの場所にいると、なんだか静かにざわつく感じ。その正体を知りたくて、しばらくロビーのソファに座っていました。本当はラウンジかどこかでのんびりお茶でもしようかと思っていたけど、止めておきました。なんだかのんびりという感じじゃなかった。

IMG_0405_convert_20171002010040.jpg
階段上がって、奥に行くと、ありました。ゴールデンドラゴン。
IMG_0393_convert_20171002010330.jpg
日本統治時代の台湾神宮にあった銅製の龍。ずっと埋もれていたものがホテルの改築時に原型のまま発掘されたそうです。金色には後から塗った。

中国団体客の皆様がだだーっとやってきて、ホテルの案内の方から説明を受け、バシャバシャと写真を撮って去っていく。。そんなランドマーク的なものになっているみたいです。

個人的に思ったことは、なんだか金色に塗られ、足枷をはめられている感じがして、ちょっと苦しい。。ちょっと切ない気分になってしまいました。祝詞を何度も唱えました。今はどうだかわかりませんが、当初はずっとご神職が祝詞をあげられていたのでしょうから、懐かしんでくれるのではないかという気持ち。そして唱える言葉によって、その系統の通路が開く。まあ私の勝手な思いです。

帰りは真っ暗になったので、圓山駅までの無料シャトルバスを利用させてもらいました。この時間は20分に1本くらい出ていて、誰でも利用できるそうです。士林方向は宿泊者優先だそう。

なんだか心がざわついて、もう一度来ようかなと思う場所でした。。。。




 東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

 個人レッスンなどhttps://tororitekerori.jimdo.com/個人レッスン-出張など/

別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨

台北一人旅 昼の木柵指南宮 その3

IMG_0341_convert_20171001014742.jpg
木柵指南宮は、バスではなくて、ゴンドラ利用で来ると、最初にここに辿り着きます。一番大きなお宮です。
IMG_0347_convert_20171001014933.jpg
ここは道教の寺院だけど、この門の感じは南フランスで訪れたあるキリスト教寺院とよく似ている。。。空とのコントラストの感じがかな。
IMG_0345_convert_20171002002125.jpg
改装中。一年前に来たときも改装中だった。
IMG_0357_convert_20171001235136.jpg
ここは中にすごいゴールドの回廊があり、60体の神々が祀られている。自分の干支の神様と今年の干支の神様にご挨拶するといいそうです。でも私はこの金ぴか回廊が苦手。。。。な~んか頭痛くなるんだよな~。でもご挨拶させていただきました。
IMG_0332_convert_20171001235714.jpg

IMG_0333_convert_20171002000231.jpg
南国の花が咲き乱れている。
IMG_0351_convert_20171001235420.jpg
せっかくなので、絵馬的なお願い事の札をしました。やり方は、丁寧に教えて下さいます。
IMG_0334_convert_20171002000558.jpg
枝にかけました。お願い事はひとつの札の中にいくつでもいいようです。
IMG_0275_convert_20171002001158.jpg
3つのお宮の位置関係はこんな感じ。。。
たくさんの遊歩道があります。まだまだここは探索しがいがあるな。
IMG_0360_convert_20171001235942.jpg
またバスに乗って帰ることにしました。最初のお宮のほうへ戻り、そこを抜けてバス停へ。
IMG_0364_convert_20171002003310.jpg

IMG_0366_convert_20171002000859.jpg
ちょうどいいタイミングでバスが発車。名残惜しい気になりながら、山を降りました。
IMG_0365_convert_20171002003524.jpg

ホテル近くに戻ったら、すでに午後3時は過ぎていて、前回何度かお世話になったチェーンのワンタン屋さんを見つけランチ!!
IMG_0369_convert_20171002001435.jpg
あーーー、私の好きな海藻の小皿みっけ!!こりこりと美味しい~。
IMG_0371_convert_20171002001645.jpg
ゴマペーストの乗った海老ワンタン。私はスープのよりこれが好き。卓上の辛味を混ぜて少し辛くして食べる。前回より海老がいっぱい入っていて、さっぱりして美味しい。しかし胃の調子が好調でないため、前回ほどの感動はない。。。今回はこれっきりだな。

ここは店内がきれいで、女性一人の地元民のお客さんも多く、とても入りやすい。一皿の量も一人で食べるのにちょうどいいので利用しやすい。注文票にチェックして渡すだけなので、頼みやすい。働いているのが女性ばかりなのもなんだか癒される。小皿もいろいろな種類があって楽しいです。迷ったらここ。安全、確実。お安いですしね~。
台北駅や中山駅など中心駅付近でちょこちょこ見かけました。何処で入っても安心な店です。
温州大餛飩




 東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

 個人レッスンなどhttps://tororitekerori.jimdo.com/個人レッスン-出張など/

別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨
BACK | ルーシーダットンをするひるり | NEXT