ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

下駄を買いに。

下駄を買いに行きました。
白木にシンプルな鼻緒のものが欲しくてここのところずっと探していましたが、私は足が大きいですからあまり種類がなく、なかなか見つかりません。

ネットで調べると通販があるけれど、直接見たいので川越へ行ってみることにしました。都内だったら浅草か銀座に行っていました。川越は古い町なので、昔ながらの履物やさんがいくつかあります。駅から一番近い履物屋さんへ行きました。
20140703+022_convert_20140703172643.jpg
やっぱり主流派23~24センチの足サイズのものがたくさん並んでいます。いいな~。
フリーサイズといっても、結局Mサイズくらいで、25センチの私の足はおさまりません。

小さなちゃきちゃきとしたカッコ可愛いおばあさんが出てきて応対してくれました。
希望を告げると、好きな板に、好きな鼻緒を挿げ替えてくれるという。在庫にある鼻緒を見せてもらい吟味。おばあさんがこれは素敵よと勧めてきてくれたものに決めました。

希望通りに大きいサイズの白木に地味めの鼻緒。
白足袋履くので、少し緩めに鼻緒をすげてもらいました。修正は持っていけばいつでもしてくれるそうです。いろんな意味で満足。
20140703+039_convert_20140703172507.jpg
これは嬉しい。早くからそうすれば良かったな。次回は夏場は下駄派の旦那を連れてオリジナルをお願いしたいと思います。川越には何店舗かこういうお店がありますので、好きな鼻緒を探してまた散策しようっと。

20140703+040_convert_20140703172524.jpg
ついでに面白いつっかけ下駄があったので、一緒に購入。外国人がお土産に喜びそうな代物。
20140703+042_convert_20140703172618.jpg
ついでにこれは一緒にご奉納している仲間がプレゼントしてくれたものを紹介。エア足袋。ずいぶん山の中とか足場の悪いところで踊ることになりそうだと思いました(笑)。

20140703+023_convert_20140703173403.jpg
帰りはこのお店のすぐ裏手にある、川越八幡宮へ茅の輪くぐりしに寄りました。
20140703+025_convert_20140703172848.jpg
鳥居のような2本の木の間を抜けて行く。
20140703+027_convert_20140703173727.jpg
ぐるぐる周ってご挨拶して帰ってきました。
20140703+030_convert_20140703173428.jpg
男イチョウと女イチョウの2本のイチョウの木がいつのまにかひっついていたそうで、縁むすびの木と言われるようになったそうです。
20140703+033_convert_20140703173458.jpg
この奥の方は愚痴聞きさま。いろいろ愚痴を聞いてくれるそう(笑)。
20140703+038_convert_20140703173535.jpg
足腰の神様も祀られています。ちょうどこの日は買ったばかりの下駄2足とスニーカー1足と、なんと履物3足を抱えての参拝。

 明日は久方ぶりに踊りの先生にご挨拶へ伺うので川越銘菓を買いました。
川越は今の自宅に近いので、これから少しずつ散策して行きたいと思います。人ごみはあまり好きではないけど。
スポンサーサイト
別窓 | 埼玉旅、散歩 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |