ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

ベツレヘム 天と繋がるエネルギー

イスラエル旅日記その15

最終日、夕方には空港へ向かいます。
この日はベツレヘム方面へ行きました。

羊飼いの野の教会
20130525+791_convert_20130712095513.jpg
この教会に入った瞬間、天に昇る心地よさで意識を失いそうでした。
椅子に座って眼を閉じてこのエネルギーをただただ感じました。
グランディングできていなかろうと、社会的に生きるのが困難だろうと、それでもただ上に昇るエネルギーをこんなにも欲している自分を改めて知る。
昇る、天に昇る。天と繋がるエネルギー。
20130525+754_convert_20130712094941.jpg

20130525+755_convert_20130712095023.jpg

20130525+772_convert_20130712095128.jpg

20130525+765_convert_20130712095143.jpg

20130525+787_convert_20130712095356.jpg

20130525+784_convert_20130712095323.jpg
洞窟の教会の中では、いきなり涙が溢れました。この旅、一番の涙。嗚咽。
どうしたんだ?私?なんで泣いているのか?疲れているのか???
チャネリングなどする気なし、言葉など欲しない、言葉など必要ない、ただ涙が溢れるままに泣き、泣き、泣き。。。。
20130525+792_convert_20130712095621.jpg
ここでの涙の理由は分かりません。そのうち分かるだろうとそのままにしました。

日本に戻ってきた今、感じること、思うことは・・・・
天に昇るエネルギー。
でも私は地に戻る。
天へ向かうのではなく、自分の身体の内側にそれを見出す。

本当に開かれていく。閉ざしていたものが開かれていく。それに感動が伴わないはずがないじゃないか。
外と内が結ばれる時、その時に涙が出ないわけがないじゃないか。



ベツレヘム
エルサレムから距離は近いけれど、遠い場所、ベツレヘム。
ここはパレスチナ領となり、行き来するには、ものものしい高い防壁のあるゲートを通ります。
近代的なエルサレムの町と違い、退廃した雰囲気も感じる町でした。
キリスト教徒のアラブ人は、経済的な問題でアメリカなどへ移り住む方が多く、それを食い止めるためにキリスト教会で援助したりしているというお話しをキリスト教徒のアラブ人のガイドさんがしてくれました。

ダビデの生まれた町
イエスキリストの生まれた町
クリスマスには世界中から巡礼者が集まる町。争いのため、立ち入り禁止となった年もあったそう。。。

生誕教会
ここにも祈りのオーブがいっぱい。私は何を祈るというのか?しがらみなく、純粋に、必要とされることを、そのタイミングで、、、、そうあれるよう本当に開かれたい。
20130525+812_convert_20130712095804.jpg
イエスキリストが生まれた場所とされているところへ地下へと降りていきます。行列です。
20130525+839_convert_20130712095854.jpg
この写真の一番大きな背中は旅仲間ロバートさん。アメリカから参加のヒーラーさん。一緒にいると、心地よい、ゆったりとしてくる、背中に抱きつきたくなるような優しくゆったりと包んでくれるようなエネルギーの持ち主です。ヒーラーがお仕事と伺って、妙に納得!!かたことながら何度かお話ししましたが、一緒にいるだけでふんわりとした気持ちになりました。
20130525+843_convert_20130712100032.jpg
この穴に手を入れてその岩肌を触ります。額をつけたりしてお祈りされている方も多数いらっしゃいました。
20130525+844_convert_20130712100059.jpg

20130525+840_convert_20130718091241.jpg

聖カタリーナ教会 生誕教会の敷地内。
20130525+869_convert_20130718091324.jpg

20130525+867_convert_20130718091211.jpg

20130525+883_convert_20130718091515.jpg
ここでのクリスマスミサがテレビ中継されるそうです。
20130525+875_convert_20130718091456.jpg
可憐な可愛い少女のようなマリア様。
20130525+890_convert_20130718091612.jpg

20130525+891_convert_20130718091555.jpg

帰途へ
エルサレムへ戻り、自由時間。旧市街でお買い物をしました。
一人でふらふらしようと思っていたら、念のため一人行動はしないようにというお達しが。。。。
スピリチュアルファッションリーダーのまことさんとまりさんにご一緒させてもらい、石のアクセサリーやさんと、スカーフやさんを物色しました
すぐ一人行動しようとする私には、こちらのほうが良かったのかもしれませんね
20130525+900_convert_20130716220013.jpg
この型の帽子をかぶった人も多かった。多分神学校関係・・・。暑いだろうにな。

夕食は、旅の最初に行ったのと同じ、素敵な雰囲気のレストラン。なんだかすっかり懐かしい!!
そしてルイーズさんのお誕生日祝い!!!
ゲイルとまりさん、はるよさんがダンスしてくれました。
お腹っぱいになりすぎながら、バスに乗り、空港へ。
20130525+916_convert_20130718091802.jpg
眩しい夕陽に照らされて、満ち足りた・・・満足感。
そしてまた来ますと約束してしまった。
20130525+924_convert_20130718091737.jpg

空港でアメリカ行きの方々とお別れ、、、、ガイドさんともお別れ、、、、日本人女子13名でイスラエルを飛び立ちました


トランジットの韓国の空港
e20130705+002_convert_20130716215543.jpg
一人ひとり修了証を頂きました。こんなものも用意されていたとは、びっくり!!!
そして一人ずつシェアタイム。みんなで体験や感動を共有しました

この素晴らしい光のサークルを作ってくれたレイさん、なおみさんを心から讃えます。本当にありがとうございました。
霊的な仲間たちに引き上げてもらい、様々な癒しと体験、変容を頂きました。皆さんのサポートは最高でした

 帰ってきてから「 何が一番良かったですか? 」と聞かれることが何度かありましたが、、、、
考えても場所など浮かばず、
「 人、この旅で出会った仲間たち。そのあり方。
そのさりげない、温かいサポート。。。 」
やっぱりそれが一番の良かったこと、印象に残ったことだったようです
ありがとう、ありがとう、ありがとう

本当は誰もひとりぼっちではない。
たとえば一人で誰にも知られず死のうとも、一人ぼっちではない。
途切れたものではない。繋がっているのだ。

遠い時を経て、今ここにいる。
この瞬間に出会うために。
あなたと出会うために。
私と出会うために。
私は今、自分から手を伸ばす。


 日本に帰ってきて、衝動買いをしました。ラピスラズリのブレスレット。
rapisu+003_convert_20130718102917.jpg

rapisu+001_convert_20130718102655.jpg
よく見ると、まるであの光る宇宙生物のいた夜空のようでした


イスラエル旅日記終了!!!
その1~その15 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-44.html

********************
東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

滝行合宿ご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-16.html

酵素断食合宿ご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-17.html
スポンサーサイト
別窓 | イスラエル旅 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |