ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

霊の集う場 クムラーン!!!

イスラエル旅日記その9

死海は目の前、すぐ裏は岩山というホテルを後にし、
20130525+242_convert_20130625192133.jpg

アイベックスという野生の山やぎを見に行き、
20130525+257_convert_20130625190958.jpg

次に到着したところは・・・遠くに広大な岩山の続く大地。そこから見える洞窟へみんなで向かいました。
kumurann_convert_20130625191112.jpg

20130525+270_convert_20130625191025.jpg
中は20いや30畳ほどの広さかな・・。
20130525+272_convert_20130625191350.jpg
ものすごいオーブでした。
20130525+284_convert_20130625191155.jpg

20130525+286_convert_20130627223317.jpg
ここでみんなで繋がってワークをしました。チャネラーレイさんからのアクティベーション。
20130525+295_convert_20130625191223.jpg
いつも自分を撮らない私を気遣って、ゆかりさんが撮ってくれた。

私は右奥の小さな穴に引き寄せられました。そこは無理すれば横になって身体が入るかなというくらいの穴。奥に続いているかもしれません。入っていかなかったですが、そこに頭頂部が反応し、穴に向かって頭をかざすと、「 アヘーヤー 」という言葉が浮かびます。何度か唱えてみました。
なんだろう?アヘーって?ヤー???あ、ヤハウェではないのか?うーん、やっぱりヤーだな~。

※「アヘーヤー」ついてネット検索してみました。出てこないけど、繋がりありそうなものは・・・
☆古代ヘブライ語 「アヘーヤーアーサルアヘーヤ」を、一般に「ありてあるもの」と訳される、また「私の為にあるもの」だとも。(モーゼの魔術書より)
☆YHWHはヤハウェと読まれるが、もとはヤーと読まれていたらしい。

アヘーヤーは、神を呼ぶ言葉の一つだったのか・・・もしれません。分かりません。
その音を思い出すと、頭のてっぺんが反応し開かれます。あれもイニシエーションだったのかも。


クムラーン
クムラン遺跡へ、、、実は今行ったのはクムランの洞窟の一つ・・・そうだったんだ、ちゃんと聞いてませんでした。
20130525+300_convert_20130625191520.jpg
観光用にクムランの遺跡が管理されているところで、クムランについての映像を見ました。
この映像がよく出来ていて、涙がにじみ、自分はここにいたんじゃないかと思いました。今回の旅仲間でこれ見てそう思った人、多数!!

男性のみの宗教的共同体。気温48度にもなることもあるという砂漠の中の暮らし。厳しい戒律、節制された暮らし。新たな仲間として正式に認められるまでに3年必要だったそうです。まずはここで暮らせるのかが試される。

一日二度お風呂に入って身を清める。白い服を着る。

身体が神殿
きれいにしておくこと。
悪いことはしないこと。

おでこに修験道と同じような小箱らしきものをつけています。
蜀咏悄_convert_20130628114355←こんなの。

ここでの経典や生活のことなどを記した「 死海文書 」と呼ばれるものが洞窟に隠されていて、後々ベドウィンという遊牧民によって発見されました。先ほど行った洞窟は最初にそれが発見された場所だそう。
20130525+303_convert_20130625191623.jpg
ここの第四洞窟で一番たくさんの写本が発見されたそうです。
写本は高値で売り買いされ、発見したベドウィンは一躍大金持ちに!!
20130525+309_convert_20130625191656.jpg
イスラエル博物館には、先ほどのクムランの死海文書の原本が展示されています。
原本を前にするとすごいエネルギーを感じました。眉間がびりびりとすごかった。

クムランとは二つの月という意味
死海に映った満月を見て・・・「神は2つの月を与えて祝福してくれた」と名付けられたというお話し。

クムラン、クムラーン!!!
鷹となって、その時代を飛び回ってみたい。自由に。自由に!自由に!!

この頃には、私はこの旅で日を追うごとに心身ともに元気になっていく自分がよくわかった。慣れない寝床に食事に水・・・旅はだんだん疲れが溜まってくるもんだと思っていたけど、、、言葉にすると、喜びに打ちひしがれている!!という感じ。

さてこの後は、再びエルサレムへ ****** まだまだ続きます。

*****************
東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

滝行合宿ご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-16.html

酵素断食合宿ご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-17.html
スポンサーサイト
別窓 | イスラエル旅 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |