ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

Judy先生のヨガセラピー集中講座に参加しました。

京都で3日間のヨガセラピー集中講座を受けてきました
あまり考えず申し込んでましたが、受けて本当に良かったです。

現在はオーストラリアにスタジオを構え、世界中でWSを行う、Judy先生。
とても綺麗なまっすぐな瞳で、楽しく明るい、芯のある素敵な方でした。
英語でのレッスン。もちろん通訳さんが付きます。
この通訳さんも穏やかな話し方、素敵な声と笑顔でとても良かったです。
201333+016_convert_20130306081704.jpg

解剖学的な見地からのアライメント、アジャストの仕方は、分かりやすく、身体で実感しまくりでした
先生の美しく均衡のとれた脚。立ち方。
歪んでいると、平面的だったり、どこかだけ飛び出していたりしていますよね。
綺麗な立体感のあるしっかりとグランディングされている。
でも右側のソケットが緩いので左右で脚の長さが違っているとご自分の身体を題材にして説明して下さったり、他の人たちの身体もたくさん見て勉強しました。

何十年とヨガに取り組んでいても歪みや弱いところはいろいろあって、というか真面目にヨガをしている人で怪我や不調に悩む人は多い・・・そんなところからもヨガセラピーという考えは生まれました。
 大切なのは自分の体を理解し、調整していくこと 

「 何のためにそのポーズを取るの?」「 自分を喜ばすためでしょう!」とJudy先生。
「 蓮華座が出来たとか、開脚が180度出来たとか、墓石に書かれるわけではない。」とJudy先生。

講座を受けて、ルーシーダットンの良さも改めて感じました
ルーシーダットンは怪我しにくい!!そしてサバーイ(心地いい)な感覚!!
ルーシーやっていると「 うつ 」になりようがない気がします
しかしヨガほど突き詰める方向へは行かない、行けないとも個人的には感じています。
ヨガはヨガで本当にすごい。気功も同じく。いろんなものをやっていますが、感心するものばかりです。

しかしこの講座を受けて、ルーシーレッスンの中でヨガをやろうとしている自分を感じ、それが悪いわけではないだろうけど、ルーシーレッスンでは、ルーシーならではの良さをもっともっとクローズアップしていきたいと思いました。

その他にも、感動のレッスン
生まれてから、呼吸して、お母さんや餌を探していく、、、、といった赤ちゃんが最初にすること、そこに立ち戻って抜け落ちたプロセスを体験していくということ
これで、私の抜け落ちていたところがはっきりとありました。
自分の考え方や、何十年と取り組んでも掴めない身体の感覚・・・・、そこに触れられ、その場で改善した動きができ、あとは馴染ませていく長い作業があるかと思いますが、
まさに「 光明が差す!! 」でした

エネルギー的なレッスンも入って、とても楽しかったです

参加者は、ヨガインストラクター、兼理学療法士さんであったり、兼マクロビシェフであったり、看護師さんであったり・・・この3日間の仲間からもたくさん学びを得ました。

ヨガセラピー修了証も頂け 素晴らしい講座、ありがとうございました
22+002_convert_20130307111330.jpg

20130303+015_convert_20130306081825.jpg
毎朝、四条大橋から鴨川散歩
四条大橋・・・私はここが好きです。
毎朝、鴨川沿い瞑想散歩をしてすっきりしてレッスンに臨めました。

ここはいつも鳥さん達がいっぱい
20130303+019_convert_20130307112650.jpg

20130303+020_convert_20130307112836.jpg

たくさんの出会いと学びを頂き、本当にありがとうございました。
ご褒美のような充実した3日間でした

Judy先生、通訳さん、スタジオとカフェの皆様、一緒に講座を受けたみんな、
本当にありがとうございました。
益々の皆様のご活躍、心よりお祈り申し上げます
スポンサーサイト
別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |