ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

山の辺の道 (天理~桧原神社)

伊勢から奈良へ。近いです。このルートは気にいったな~
今回の奈良旅の目的は、「 山の辺の道 」をじっくり回ること

翌朝、目が覚めたので朝5時半の暗いうちに宿を出発
宿の女将さん、起こしてすみませんとても温かく見送って下さって本当にありがとうございます。
それに前日に真っ暗な中いきなり声をかけて道を聞いてのに丁寧に教えて下さった方・・とても優しく、素敵な受け答え、感動しました。ありがとうございます。
天理の人々、温かいですね。それにきちんとしていらっしゃる感じがしました。
全員が天理教というわけではないのでしょうが、帰ったら天理教の本を読んでみようと思いました。

人がいない。静か。でも天理の町はなんだか怖くない。
20121021+257_convert_20121023154721.jpg
石上神宮へ。噂の木に登っている鶏さんの鳴き声が響き渡っています。
20121021+276_convert_20121023155209.jpg

20121021+284_convert_20121023155501.jpg
私は本殿よりも、摂社のほうに惹きつけられました。
七座社・・・イクムスビノカミ、タルムスビノカミ、タマヅメムスビノカミ・・・と
いつも滝行でもお世話になっている神々様達であらせられました。いつもありがとうございます。

石上神宮を出て、山の辺の道へ。
20121021+309_convert_20121023155759.jpg

20121021+313_convert_20121023203649.jpg

20121021+303_convert_20121025102448.jpg
秋の山の辺の道は柿ロードです!!柿がすごい!!この柿は多分干し柿用ですが、大ぶりな柿がたわわに実った木がたくさん!!!

20121021+318_convert_20121023175408.jpg
気になる脇道。何か真ん中にいる。でもご挨拶だけして、入っていくのは止めておきました。

20121021+348_convert_20121023175642.jpg
あの奥の丘の上が気になる・・・。光の降りる場。近くまであぜ道入ってみましたが、やはり立ち入るのは止めておきました。イタチが目の前を通り過ぎました。
20121021+342_convert_20121025102715.jpg

朝早くから出発したので、地元の方さえ、ほんとにたま~に見かける程度。
とても可愛いおばあさんと少しお話ししました

夜登伎神社到着
20121021+353_convert_20121025101144.jpg

20121021+367_convert_20121023175907.jpg
夜登伎神社で舞を奉納しました。なかなか激しく長い奉納舞となりました。
ここはタケミカヅチ様。鹿島、春日ときて、ご縁があるようです。

どこでも踊り始めるわけではありません(笑)。
いろんなタイミング、状況が合う時がある時に。祝詞がいい時もあるし、何もしないほうがいい時もあるし、、感覚ですけどね。でももうカミングアウトしてますから、ピピッときたら即始まるのです。

日が昇り、
20121021+358_convert_20121023180043.jpg
20121021+381_convert_20121023190411.jpg
猫たちが渋い顔で朝日を眺めています。
20121021+384_convert_20121023180725.jpg

袋田陵
20121021+394_convert_20121023180518.jpg

20121021+401_convert_20121025104640.jpg

20121021+411_convert_20121025103000.jpg

長岳寺。脱線しながらも、到着したのが9時前。
9時からだからか、受付が猫さんのお留守番のみ
20121021+425_convert_20121023183950.jpg

20121021+428_convert_20121025103426.jpg
お堂にいたら、おじさまがお一人ご参拝に入っていらっしゃり、ご挨拶。
するとここにまつわるお話しや仏像についてのご説明をたくさん教えて下さいました。嬉しい~ありがとうござます。
いろいろ聞けたのも嬉しいけど、温かいおじさんが嬉しい
今日は弘法大師様の月命日で檀家さんが集まる時間なのだそう。

なぜ、左右の如来様は片足を降ろしているお姿なのか?・・・少しでも早く衆生を救いにいけるため。
20121021+441_convert_20121023184522.jpg
天井の絵は何故全てに描かれていないのか・・・この寺を作った方々の家紋なので人数分。
20121021+443_convert_20121023185327.jpg

中央の御釈迦様の目がコンタクトレンズ方式だということ、
あさってから地獄絵図展があって、ここの御堂にずらりと並ぶということ、
天井に足跡がついているところがあるのだけれど・・・その理由、
花の寺とも呼ばれるほど、いろんな花が咲き乱れると写真つきで説明・・・などなどなど、
招かれて中へ。美味しい甘酒をご馳走になり、温かい皆さんといろいろお話し。ありがとうございました

20121021+454_convert_20121023184636.jpg
裏のお遍路道を通って長岳寺を後にし、再び山の辺の道を歩き始めます。
甘酒がちょうどよい朝ごはんとなって、肉体に活力が新たに湧いています

崇神天皇陵
20121021+490_convert_20121025104812.jpg

20121021+492_convert_20121023190124.jpg

ようやく桧原神社到着です。倭姫様にご挨拶。
20121021+498_convert_20121023191929.jpg
伊勢の倭姫様から、桧原神社の倭姫様へ。。。。。倭姫様と再会でき、ほっ

つづく
スポンサーサイト
別窓 | 奈良旅 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<11月東京レッスン開催日 | ルーシーダットンをするひるり | 人類の平和>>

この記事のコメント

桧原神社、素敵な神社ですね。なんだか、、古の、時をそのまま、保っているような、たたずまい。(想像ですが、、、)
奈良でも、この辺りは、全くいったことがありません。
機会があれば、訪れてみたいです。
2012-10-30 Tue 04:42 | URL | #-[ 内容変更]
古の、時をそのまま、保っているような、たたずまい・・・
本当にそんな感じです!!いい表現ですね。

桧原神社は温かい感じで、ほっとします。
2012-10-30 Tue 21:51 | URL | #iRBQqrjg[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |