ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

出雲へいってきました。その5(鎮魂)

朝、一足先に奈良へ帰られるTEPPYさんを見送ります。
一日しか一緒でなかったのに、とても寂しい気分になりました。
izumo201202+186_convert_20120301084413.jpg

男性がお一人減って、あきらかにエネルギーが変わった車の中、感じた方がバランスをとろうとしているのか、ただお話好きなのか、さらに車内は嵐のように言葉が駆け抜ける。さらに賑やかでした。吹き出しがいっぱい(笑)!!!


物部神社へ。
izumo201202+187_convert_20120301083832.jpg
ここでは言葉を失いました。
考えも出てきません。しーんとしている感じ。
驚いてとか、感動してとかでなく、ことばを出せない、発せない。
ここを離れた後もしばらくそれは続いていました。
ほとんど黙っていたけれど、しゃべっても、体内の深い低いところでしーんという感じになっていて、出した言葉は宙に浮いている。
izumo201202+189_convert_20120301084736.jpg
鎮魂だったのかな。
izumo201202+188_convert_20120301153037.jpg


三瓶小豆原埋没林へ。
ここは縄文の森と呼ばれています。4000年の時を超えて姿を現した森。
izumo201202+192_convert_20120301085515.jpg
一夜にして火山に埋もれた巨木たち。顔を近づけると木の香りがします。そう、死んではいない。縄文から続く、太古の眠りから覚めた巨木たち。直立したまま残っているのです。ひょえー。
izumo201202+193_convert_20120301085802.jpg
外に出ると吹雪いていました。美しいです。
izumo201202+197_convert_20120301090855.jpg


三瓶山のふもとでそりをして遊びました。
この頃には、しーんというものは体内の奥深いところへと沈み、すっかり言葉も戻ってきて胸の楽しさでいっぱいでした。
まさかこれも猿田彦さんの想定内だったのか・・・。
izumo201202+199_convert_20120301090022.jpg


ランチはおそばです!!
昨日は出雲そば、今日は奥出雲そば。
izumo201202+202_convert_20120301153803.jpg
どちらもとても美味しかったですが、かなり麺が違いました。
今回は5段重ねのいろんなものが載っているおそば。広げて写真撮れば良かったです。
①舞茸てんぷら ②とろろ ③卵 ④山菜 ⑤大根おろし
薬味はもみじおろしを中心として、ネギやかつおぶしなどいっぱいです。


竹下登元総理のご実家とこの地の桁違いの権力者長右衛門さんの御屋敷へ。
長右衛門さんのところの蔵の数が半端ではない。
この家の子として生まれたら、どんな教育を受けるのかな~。
izumo201202+203_convert_20120301090333.jpg


稲田神社へも連れていって頂きました。
雪に埋もれています。
izumo201202+205_convert_20120301092303.jpg
ここもダブル拝殿。
拝殿があり、そのまた奥にもう一つお社があって、そこにも拝殿がある。

猿田彦さんが奥の小高い山を指して「あそこは光が降りている」ようなことを仰いました。
ああ、本当だ!!と思ったら、居てもたってもいられません。
ずぼずぼっと雪に埋もれながら登って行きました。普通の靴では無理でした。
桔梗古椿さんとずったさんも一緒です。
そこで踊りました。古椿さんの磐笛、ずったさんの人柱(ちょっとこの表現はどうなのか・・・すみません)。
あれ、森の神殿の時と同じ3人。そんなつもりなかろうと、意味があったに違いない。
遠くから私たちが迷わないようにみたいに猿田彦さんの磐笛が響いてきます。
izumo201202+204_convert_20120301091459.jpg

出雲を発つ前に美人になる温泉へも連れていって頂けました。
気持ちいい~!!
温泉のある国、日本に生まれて本当に幸せです。

ただ遊びにと軽い気持ちが、結局「神様!!神様!!」と追っかけしてしまった旅でした。

本当に至れり尽くせりのご案内とおもてなし、明るく楽しく才能あふれるメンバー達。
人間にも感動しました。ありがとうございました。
スポンサーサイト
別窓 | 出雲旅 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<130歳を目指す、80歳のお友達?が出来ました。 | ルーシーダットンをするひるり | 出雲へ行ってきました。その4(森の神殿のある聖地)>>

この記事のコメント

粉雪、美しかったですね。ご案内人さんは、素晴らしいコースを組んでくださいました。
磐の上で、確かに人柱だったかも。最初はひるりさんを眺めていましたが、力強さに「これは、神様のため、私は関係ない」とぼんやり担当になりました。近くの磐笛。遠くからの磐笛。美しい、豊かな時間でしたね。
駅のお別れも、面白かったですなあ。無人駅というのが、旅情ありすぎ! 幸せな出雲でした。美人になったしね!
2012-03-01 Thu 17:03 | URL | 人柱B #-[ 内容変更]
お・・・人柱Bさんもいるww
雪があって逆に良かったのかもしれませんね!
色々な季節に案内するのですが、雪の山陰は美しいですよね。
昨日の師匠のメルマガからの抜粋ですが、「冬の時期を物忌(ものいみ)期間と言います。禊の期間でもあります。静かに力を蓄えるのです。だから冬は「殖ゆ」の意味で霊魂(みたま)殖ゆるのことなのです。

スッポリと雪の中に埋没した中で家族肩を寄せ合いながら生きてきた人々。「やまとことば」での会話。素朴ながら暖かな母の料理。家具や人形、土器、農具、衣裳づくり。実は日本の豊かな母性もモノづくりの原点も家族共同体も社会共同体も全てその中からうまれてきたのです。

このように、なんだかシンクロするようなメルマガが届きました。

2012-03-01 Thu 17:27 | URL | everett #-[ 内容変更]
山の上で、あの時間、空間、とても良かったです。
みんなで何かを成し遂げたみたいな感じでした。

雪も綺麗だし、楽しかったです。
不思議と仲間の繋がりが出来ましたよね。
本当に楽しかったです。
ありがとうございました。
2012-03-01 Thu 22:05 | URL | #iRBQqrjg[ 内容変更]
教えて頂いたので、メルマガ登録してみました!!
いろいろ良い繋がりの中で学んでいきたいと思います。

冬が物忌の時期だなんて知りませんでいた。
都会にいると、麻痺しがちですが、せっかく四季のある豊かな日本に生まれ育ったのだから、そういうことを感じながら生きていきたいと思います。

どうか今後ともよろしくお願いいたします。

心からのお礼とともに、everettさんの更なるご発展をお祈り申し上げます。
2012-03-01 Thu 22:10 | URL | #iRBQqrjg[ 内容変更]
奥出雲、、、雪が積もって綺麗ですね。

踊りたくなったときに、踊れる!!お仲間が一緒にいて、本当に楽しそうですね!!

5段重ねのおそば、初めて見ました!!おいしそう~
2012-03-02 Fri 14:39 | URL | ゆうゆう #-[ 内容変更]
皆さん、なんだかんだと言っても、神様フリークなのでしょうね。
上手い下手というよりも、「 神様~!! 」という気持ちです。(勝手な意見かな?)

おそばもやはり店を選ばないとです。
2012-03-02 Fri 16:47 | URL | #iRBQqrjg[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |