ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

その1 滝行&山駆け&半断食してきました!!

行ってきました、やってきました、御岳山で滝行&山駆け&半断食の2泊3日!!
002_convert_20111108063033.jpg
最初に迎えてくれた御岳の空。

今回は合宿ではなく、山慣れされている方と2人での参加です。
というか個人的にお願いした2人だけの合宿です。

さて1日目 
通常の滝行での宿泊よりも早い集合時間。
到着後すぐに山へ出発。
奥の院までまずは足慣らしの山登りです。
奥の院までの道は、結構薄暗く、木の根道があったり、景色のいいところはほんの一部だけ・・・黙々と登っていきます。
ヤマトタケルの祠の前で、御岳山の神主でもある橋本先生が、2泊3日無事に成し遂げられるように祝詞をあげて下さいました
奥の院で10分くらい休んだ後すぐに下山。

宿に戻ってきてすぐに滝行準備。
通常の1泊2日のお客さんと合流して、呼吸法の後、滝場へ。
山道30分くらい歩いた後、綾広の滝に到着です。
今回は常連さんが3人、初めての方1人、そして私達2人。
天の鳥船行で体を温め、大きな声で神様の名を呼び、深呼吸して自然の気を体に取り入れ、さあ滝へ。

寒さに囚われると、体がガチガチ震えます。
内側に意識を向けると震えはピタッと止まります。
ピタッと止められても、ガチガチしていたことも忘れないように、どっちにも自由自在になれるようにしておきたい。


すっきりとして、宿へ戻りました。
宿に着くと同時くらいに雨が降り始めました
良かった~、この日は大丈夫だろうと合羽を持っていかなかったので、降られたらびしょ濡れで山歩きでした。

その後、お食事です
他のお客さんのおかずたっぷりの食事を横目にお粥をじわじわ頂きました。
004_convert_20111108063907.jpg
白粥、梅干し一個、塩、漬物、これに味噌汁1杯。

こういう時、禅寺で教わった作法が役に立ちます。
5月に合宿をした正覚寺さんは食事法をしっかりと教えて下さいます。
慣れないと堅苦しく、初めてだとちょっと辛いかもしれませんが、こういう時に、改めてその教えを有難く感じます。


食事の後は、瞑想&クリスタルボールヒーリングです。
この日はそんなに体力消耗もなく、お風呂に入って、翌日の準備して眠りました。
外は雨、翌日も雨の予報
これは、初めての雨の中の滝行かな~と思いながら、それも楽しいかもなと思いながら、布団の上で瞑想&お祈りした後、ぐっすり眠りました


翌朝 

晴れです
良い天気の中、常連さん3人と私達2人。昨日の初めて参加の方はお休み。
006_convert_20111108065550.jpg
紅葉シーズン真っ盛りです。赤、黄色、オレンジが緑の中に混じって、綺麗です

また歩いて滝場へ行き、滝行をして、戻ってきます。
この日は3回の滝行をします。まずは1回目。
008_convert_20111108162755.jpg

戻ってきて、食事を頂きます。
この日はこの後夕食のみの1日2食。
011_convert_20111108074940.jpg
白粥、味噌汁1杯、梅干し1個、塩、漬物

食事後すぐに瞑想&クリスタルボールヒーリング
寝てました

その後少し休憩かとか勝手に思っていたら甘かった。
すぐに出発です

昨日も行った奥の院へ行き、そこからさらに大岳山へ、そして御岳山へ戻ってきて、そのまま3回目の滝行へ突入、そしてまた歩いて帰ってくるというコースらしい・・・こういう時は全てお任せ、どうにでもして下さい。
滝行の荷物もあるので、リュックはパンパン。雨も降るようなので合羽の準備も完了。
012_convert_20111108080407.jpg
全体的にもやがかかっていました。幻想的で綺麗
途中で雨も降ってきて、合羽を着用。岩場もちょこちょこあり、滑らないよう気をつけながら黙々と登って下って・・・。
途中5分くらいの休憩があり、一回目に昼食代わりにと梅干し1個を頂きました。
生き返る~
その次の休憩には飴2個を頂きました。少しの糖分がこんなに有難い。

途中、先生が長寿の秘薬といわれるキノコを教えてくれて、3人で採取。
大きくなるのに30年、40年とかかるそうです。
小さめのものはそのままにして、またの機会に

こんなところには珍しい、原色の植物発見!!
ピンクに水色。それもこんなに濃い色で・・・。
014_convert_20111108094754.jpg

大岳山では雄大な雲海を見ることが出来ました。
しばし呆然。雨のお陰ですね。
015_convert_20111108095814.jpg

016_convert_20111108124604.jpg


022_convert_20111108095924.jpg

また滑らないよう気をつけながら、下りていきます。
大岳山は岩場が最後続いていて、下りは慎重にいきました

そしてまた御岳山に戻って、本日2回目の滝行、計3回目の滝行へ。
今回は先生と私達2人だけ。
汗と雨で冷えた体だったので、最初は一番寒く感じました。
でも冷たくてももうどうでもいい感じ。
雪の中でもやれるみたいな大きな気持ちになっていました

ここでいつもよりもまたさらに 力を抜く ということが自分の中で感覚がつかめました。
力を抜く・・このことにはレベル?があります。
抜いてるのに、まだまだ力んでいる。
その抜くレベルを深めていくこと。
今回の滝行ではっと気づくことがありました。
自分の中で、レベルアップ
そうすると滝に打たれていても、水に前回よりも馴染む感じ。
こちらから発しようとか、内側を意識とか、何もない。
声も、ああ私こんなに可愛い声だったのねと思う、力みが抜けた声。

踊るときも同じ。インストラクターの仕事も同じ。力みが抜けたところから始まると上手くいく。
でも踊るときは、ガチガチの状態も、自分から発する状態も、自分の内側を観続ける状態も・・いろんなもの、状態へ、その時に合わせて変容していくことをしていきたいので、全てじっくり味わって固まりたくない。
そのためにもこの力みの抜けた自然体が大事。
もとのもとをつかんでおかないと、戻ってこられない。
私は私であるけれど、私ではないみたいな感じ。


また山道歩いて宿へ戻り、入浴して休憩。
ストレッチとセルフマッサージ。
意外と疲れていないので、もう一人の方の脚ふみふみ、お尻をぐりぐり、少し揉ませて頂きました。
ちょうどマッサージの勉強したので、愛知県いったら仕事にしようか考え中。

夕食にあの採取したきのこを出してくれました。
湯がいて、酢の物です。お酢が胃に染み渡ります。かなり疲労回復になりました。
025_convert_20111108100216.jpg

026_convert_20111108101250.jpg
白粥、お味噌汁、梅干し、塩、野沢菜、きのこの酢の物

ここで新たな宿泊者と合流。この日の宿泊は私達の他、滝行なしの瞑想のみご参加のお一人様のみ。
とてもにこやかな、ほんわかした方で、夕食時には3人で楽しくお話ししました。
すると3人とも同じ名前。私とは干支も同じ。2周り上の方。
何かのご縁ですね~連絡先を頂きました

そしてまたまた瞑想&クリスタルボールヒーリング。
終わってみると、脚の疲れがなんだかすっきり取れていました。
魔法!?
長寿のキノコの酢の物があっという間に効いたのか。


さてさてお待ちかねの夜の滝行へ突入!!!

次回へ続く









スポンサーサイト
別窓 | 滝行合宿 | コメント:6 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<その2 滝行&山駆け&半断食 | ルーシーダットンをするひるり | 愛知県へ引っ越します。>>

この記事のコメント

こんばんは
こないだは使い慣れないアイコンを使ったら選んだのと違うのが表示されてました、何故?^^;。
今回は滝行三昧なツアーだったようですね。
こちらは最近あまり遠出できなかったので、週末にでも日光の男体山に登ってこようかと思ってます。
10月までなら二荒山神社の中宮祠から登拝できたみたいだけど…。
2011-11-08 Tue 19:06 | URL | kenta@ #-[ 内容変更]
すごいですね~でも、得るものも多かったようですね。私にはまねできませんが、…。断食には興味あります。私の周りには食べものがあふれています。つい食べ過ぎて太ることはあっても、やせることはありませんから。明日からダイエットしようと今日まできてしまいました。今度こそ!と来年の節目に間に合うようにがんばりたいです。いろいろご教示ください。
2011-11-08 Tue 21:18 | URL | ぴょんぴょん #-[ 内容変更]
今は紅葉の山が楽しめていいですね。
やっぱり山はいい!!
滝行は何度も繰り返すことで、いろんな気付きがありました。
是非一度お試しを~。
2011-11-09 Wed 05:47 | URL | #iRBQqrjg[ 内容変更]
日常と切り離した場所でないと、飽食の流れを止めるのは難しいですよね~。
でも断食や半断食した後の内臓のすっきりさ、その気持ちよさを味わうとまたしたくなり、一人でも自宅でも出来るようになります。
そんなに食べなければとも言いますが・・・美味しいものへの欲求はそうそう捨てられません!!
小食の合宿も開催したいと考えておりますので、そちらもまたお知らせ致します。
2011-11-09 Wed 05:52 | URL | #iRBQqrjg[ 内容変更]
かっこえ~!!
写真を拝見するだけで、気持ちが元気になりますな。しかし、山の子とふたりで、どこまで行かれるのですか!!
きんとうんに乗れるようになったら、おふたりで私のところまで、遊びにいらしてくださいね!!
2011-11-09 Wed 20:37 | URL | ずった #TJTRyDT2[ 内容変更]
ずったさんはどこでも瞬間移動できそうですが・・・。
こちらがぼろぼろになって頂上にいったら、そこでずったさんが悠然とお茶していて「あ、来たの?」っていう感じ。

それにしても、山の子とはぴったりですね。
山の子のパワフルさ、炸裂でした。
2011-11-10 Thu 05:28 | URL | #iRBQqrjg[ 内容変更]
∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |