ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

人間の天寿は125歳?

身体や心やいろいろな本を読みます。
自分の価値観を壊したい・・・、固めたくないので、いろいろな諸説を読んでフンフンと試したりしてみます。
それぞれいいところはあるけれど、正しいとは言い切れない。

今回読んだ本、なかなか良かったです。

人間の天寿年齢 125歳説!!

人間に与えられた天寿は、125歳。
人間は遺伝子的に125歳まで生きられるように設計されている。
「人の死は畢竟自殺のごとし。」(古代ローマの哲学者セネカ談)
70や80歳で亡くなる人は、自分で死を招いている。
とまでは言わないけれど、現代人の食べ過ぎについて多く書かれていました。

 125歳・・・そう考えるとまだまだ時間はある。

高校生のときに近い将来進む道を考え、絵に進むか、舞台をするか、・・・絵のほうが年取ってからやれるだろうと思って、舞台にしました
125歳までと考えれば、よい選択だったと思います。
しかし100歳でも踊る欲求があるならば、私は踊り続けます。
筋肉を誇示して踊る若者よりも、魂の踊りを踊る老人を見たい。
野生動物が見入ってしまうような踊りを踊りたい。
そんなこと思ってるので、それを目標にしているので、年取ったからとか、向いてないとかではあきらめられず、そしてなかなか目標が達成できず、いまだに踊りをやめられません


私は小さい頃、とにかく30歳まで頑張ってみようと思ってきました。
そして30歳になったら、50歳までいってみようと思いました。

この場合、いつまでにどうなるかということよりも、自分には必要な年月、月日というものがあると漠然と感じていて、一つの節目のように、とにかくそこまで行ってみようという考えがどこからともなく頭の中にありました。

一人で進んでいるわけではなく、その時の社会状況、流行、世の中の流れ、天災、などによっても変わってくるから、とにかくそこまでいってみようと思っていました。

50歳・・・なんで40歳は飛ばしたのか?
漠然とです。
40代はぐちゃぐちゃになっても、50という時を目指しているから、まあいいかとも思えます。
まだまだ未熟者なので、どんどん壊していって、時折節目でどこまできたか確認したい・・・みたいな感覚かもしれません。(たぶん)

125歳。
50歳なんて半分以下だな。
それでいくと、私はまだまだいろいろやれるらしい。
事故などで突然死ぬことも考えられるけど、そんなことはどうでもいい。死んだら考えない。

生きている間は、ごちゃごちゃ考えたり、悩んだり、迷ったり、幸せを感じたり、ときめいたり、感動したり・・、そしてその中で最も求めるものに時折触れられて、この世に生まれて良かったと心から思う
そんな繰り返し。

125歳って考えると、自分に寛容になれませんか

hamamatu.jpg
まったりデート。

タイマッサージ全国ブログランキングに参加してます。
以下ポチッとお願いします。
タイマッサージ全国ブログランキング
スポンサーサイト
別窓 | 徒然日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<8/28 瞑想&パステルシャインアート 開催しました。 | ルーシーダットンをするひるり | 江ノ島旅行・・鎌倉へ>>

この記事のコメント

∧top | under∨

コメントの投稿

 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |