FC2ブログ

ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

身体を読む

この話しはした人もいると思いますが、、

インフルエンザ?

私は子供の頃から極度の貧血、低体温の虚弱体質で、インフルエンザだろうなというのにも2回かかったことがある。

1度目は高校生の時。40度くらいの熱の中、ただひたすら布団の中。あの頃、家族は忙しく誰もいない。病院行かず、薬も飲まず、うんうん唸り、具合の悪い時の猫を真似てひたすら休んだ。数日後、熱がようやく下がり山を越したが、高熱の後遺症か立ち上がると頭を殴られたかのような衝撃のガンガンが数日続いた。

2度目は20代一人暮らしの時。辛くて眠る事もままならない。何も食べられない、水さえも飲めないで3日間、、このままではいけないと3日を過ぎて少し回復したのもあり、這いながらなんとか白粥を作ったが、食べようとしても吐いてしまう。薬も吐いてしまう。水さえも吐いてしまう、、、

困った、、、冷静に考えていられる時点で大丈夫かもしれないが、3日間も飲まず食わずを初めて経験して焦っていた。

私は身体に聞いてみた。何がいいかと。
答えは「生姜焼き」、、、

え???

正直、自分自身ですごく驚いた。三日も食べないでいきなりそんな物食べて胃は大丈夫なのか?水分は?勘違い?

しかし、生姜焼きを食べることをイメージすると、胃の中がスーッとする。他のものは気持ち悪い。
もうどうにもこうにも吐いてしまうし、一か八か、とにかくやってみようと決意した。

私はたくさん着込んで、フラフラで途中途中気持ち悪さで座り込みながら、とにかくなんとか近所のお弁当屋に辿り着き、生姜焼きのおかずだけを注文した。面白いことにこういう時のこと、あの注文した瞬間というのは今も鮮明に残っている。

部屋に戻って生姜焼きを食べると、イメージ通りに胃がスーッとして、気持ち悪さが取れていき、そこから徐々に回復していった。

治ってしばらくは、「ビバ!!健康!!」と心の中がお花畑状態の浮かれた喜び。しばらくは、、笑

常識、知識や経験も大事に思うけど、身体に聞く、身体を読むことを信条にしています。これも経験からの信条か、、
しかし感覚というのは間違えたりもするので、失敗を繰り返しながらもその能力を磨いておきたい。そして常識、知識や経験は補佐してくれる。が振り回されては元も子もなくなる。

この2回とも、かなり身体を冷やしてしまった時でした。まずは冷やさないこと!内からも外からも身体を温めて、気持ちも温めておくのが大事だと思います。パワー出し過ぎたら冷えるのでそういう時は休む。

ほっておかれた、一人だったから見つけられることがある。至れり尽くせりでは育たないことがある。というのも信条です。

さあ、今日は今から夕方まで一人稽古!!やる気。ビバ!!健康!!


 東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html
 個人レッスンなどhttps://tororitekerori.jimdo.com/個人レッスン-出張など/







スポンサーサイト



別窓 | 身体のこと | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |