FC2ブログ

ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

「ストロベリーフィールズ」再演終了。

クリスマスイブに「ストロベリーフィールズ」再演させて頂きました!!
昼夜とも満員御礼で終了いたしました。
お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。

話しの内容はよくわからなかったという方、多数(笑)。

分からなくても面白かったという方、
ただよくわからなかったという方、
いろいろでした。
これは出演者の力量にかかっているかと思うので、まだまだよくなる作品だと思う。

出演者に合わせて、台本が作られていく。
台本が出来上がったのは初演時の本番2日前。
セリフが消化しきれずに10月は本番を迎えた。しかし深く考えられない子供役なのだから、そのほうが良かったのかもしれない。私的には今回のほうが力が入りすぎてしまったところが多々あった。

ビートルズの曲「ストロベリーフィールズ」の救世軍戦争孤児院というイメージから始まり、そこから自由に小池さんの創作された台本。そこには現代社会の表出があり、メッセージが含まれている(と思う)。

小池さんから、どういう状況なのかなどはほとんど説明はなく、ただセリフがあり、それぞれがそれを解釈し表現し、やっていることがイメージと違うなら違うといわれ直し進んでいく。小池さんの中にはすでにシーンがはっきり見えているのだろう。すごい才能だ。うらやましい。(人をうらやましいなんて思いたくないと子供のころ思ってきたが、うらやましいもんはうらやましい。じゃあなんで?じゃあどうする?とすればいい。)

芝居のセリフなど20年ぶりくらいだった。
そしてもう長いこと即興を中心とした作品作り主体でやってきて、こんなに振付、きっかけ、セリフと決めごといっぱい、その上どんどん変更ありの作品に出たのが久しぶりで(というよりこんなにいっぱいは初めて)、頭の中の神経フル稼働。。。初演時は、ぴこぴこピッカーン、pipipi@LKoIjf02、、、みたいな頭の中だった。

再演はそういうものは頭に入っていて、変更、追加も入っていくが、ベースがあるので、その点はかなり楽だった。
他のことに集中できる。再演っていいもんだな~と感じた。

初演時の心残りのところはやれた。でもまた新たな心残りが生まれている。うーーーん、また再演の話しが出ているので、またやるならそこを達成したい。もしこの作品の再演がなくても、この心残りは次の作品に活かしていく。

お陰様で1月に自作自演ソロ、そのあともいくつも声をかけて頂き、来年もすでにたくさん踊れる場所が決まっています。
体力、気力、経済力、管理能力、なんかいろいろ必要だけど、びびる気持ちも起きたりするけど、それでも粘り強く進んでいきます。

小池博史さんの演出を受けられたことは大変大きな経験でした。これから進んでいくための大きな力を頂きました。ありがとうございました。

照明の市松さん、PAI卒業生でもあり、いろんな点で頼りになる方で安心でした。制作の穂坂さん、柴田さん、みえさん、吉野さん、本当に大変お世話になりました。細やかなお気遣いで大変やりやすかったです。最後のパーティーも大盛況で、ご準備、仕切り、本当にありがとうございました。

そして一緒に出演した仲間たち。個性豊かで、一緒にほんとに必死で作り上げていった仲間たち。普段ほとんど一人で稽古している私には仲間の大事さ、重要さを再認識させられました。一緒にやらせてもらえて本当によかったよ。ありがとう。

またひとつ本当にやってよかったと思えることが増えました。ありがとうございました。
48921842_2021934887888465_956641658093436928_n_convert_20181226002126.jpg

 「人魚シンフォニー」1/12土曜日は、日暮里D倉庫で自作自演ソロ作品をやります。http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-1334.html

 1/14新春参拝&ルーシーレッスンイベントhttp://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-1364.html
 東京レッスンご案内http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html
 個人レッスンなどhttps://tororitekerori.jimdo.com/個人レッスン-出張など/


スポンサーサイト
別窓 | 踊り | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |