ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

台湾旅② 孔子廟と大龍峒保安宮

孔子廟と大龍峒保安宮 へ
IMG_5896_convert_20161005145549.jpg
孔子廟で雅楽を土曜日朝9時から30分間やっているとガイドブックに書いてあったので、急いで行ってみました。
9時過ぎに着いたけど、やっていな~い、残念。
IMG_5913_convert_20161005145526.jpg
日本人学生の団体

IMG_5903_convert_20161005144511.jpg
庭があって、皆さんのんびりしていました。
IMG_5906_convert_20161005144457.jpg
龍の噴水。台湾はどこもかしこも龍!!!

IMG_5907_convert_20161005144736.jpg
サギの子供

IMG_5909_convert_20161005145302.jpg
太極拳をする方々。どこの公園、広場でも黙々と気功する人々がいた。誰も気にも留めない、うらやましい、日本だとジロジロ見られたり、話しかけられたりする。立禅してたら通報されたという人もいたな。。。ここではみんな全く気にしていないというのがいいな。

IMG_5910_convert_20161005145731.jpg
大龍峒保安宮  
主神は保生大帝という名の医学の神様。その他たくさんの神々が祀られている。

祈りの場・・・装飾も素晴らしいので、観光として巡るだけでもいいけれど、しっかりご挨拶していくと、本当にいい。やはり祈りの場はいい。天界、、どこの領域の天界かはおいといて、天へと繋がる、その扉が開かれている。人間の祈りの力はやはりあると強く思う。祈りがあまりされていない神社仏閣は空虚だ。
「 誰もが祈れるわけではない。 」 とある人から言われ、自分はどうなのか?という自問自答をし始めてから2年ほど、ちょうどつい先日今の自分にストンと落ちる答えが出た。なぜ祈るのか、、答えは出ている、しかし自分に問い続けたい。妄想も、偽善も、見得も、立場もへったくれも何もなく、それでも祈るのか?なぜ祈るのか?
IMG_5908_convert_20161005183051.jpg
飛行機が真上を飛んでいくのでその音がすごいけど、ここでは全く気にならない。全てを包含し、むんむんとした雰囲気。

キリスト教の祈りの場は、足音さえも立てたくないと思う静寂の場。そこに響き渡る讃美歌の声、セージの煙りと匂い、そこで静かに内側は熱く祈り続ける。それがたまらなく好きだ。渦ではなく縦のライン。まっすぐに向かっていく。繊細さ、純粋さ、皆が幼子のようになり、心の奥のしまい込んでいた部分があらわになる。

しかしここは違~う!!飛行機の音がゴーゴー響いていても、たくさんの人がペチャクチャ話していても気にしないのではなく、気にならない。そこでの祈りは太く強い。大雑把で粗い。私はワクワクする。脳の奥のところがパパーンと扉がグワーッと開いていく感じ。あ、やらないけどパチンコみたいな感じかな(笑)。
道教ははじめに空へと祈るが、雑多なエネルギーもこの空がなければ重く苦しいものになるのではないか。


この後、この付近の街を散策してみましたが、ここは下町な雰囲気。近くに大龍街という朝市や夜市をやっている通りがあるようなのですが、お腹がいっぱいだし、暑いのですぐ移動しました。

IMG_5914_convert_20161006084522.jpg
うーん、足腰こんだけ鍛錬されていればいいな~。


東京レッスンご案内 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html

2016/10/14大磯 高来神社にて奉納舞http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-1021.html

2016/10/30 高麗神社イベント参加のお誘いhttp://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-1018.html
スポンサーサイト
別窓 | 台湾旅 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |