ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

衣装制作

久々に衣装を作ることにしました
ススッと閃いたからです。

早速、前と同じ天然シルクで天然染めをしている友人に電話をして、次回東京へ行った時に打ち合わせをすることにしました。
うーん、楽しみ!!!

シルクはシルクでも、ここで紹介されるシルクは本当に気持ちいいんです。
養蚕されている方のご自宅へお邪魔した時、たくさんの真っ白のシルクの布が、はたはたと風ではためいていて、その気持ちよさは忘れられません。それだけでトランス状態でした。
思い出すだけで、脳みそがすーっと楽になります。

この友人は、以前お肌がぼろぼろでアトピーもすごくてアレルギーで、そんなこんなで天然シルクに出会ったそうです。
火事になった時、シルクは燃えてもするっと肌から落ちますが、化繊のものなんかは肌にくっついてしまうそうです。
まあ、そういう知識抜きにして、なんというか気持ちいいんです。
私が初めて奉納舞をした地でもある群馬県の桐生のシルクです。
妖怪わんさかいるようなところです。

前は白のままで布を買い、縫製を別の方にお願いしました。

今回は、アカネか、もう少し赤く染まるもの、もちろん天然素材で染めてもらったものでお願いしたいと思っています。
玉ねぎの皮とかね、虫とか、いろいろ天然のもので染めてくれるのですよ~。
何とも言えない色あいのものが生まれます。
izumo201202+006_convert_20120322141418.jpg

着物のようなかたちで単純な作りにしたいので、自分で縫うかもしれません。

夏頃には出来るかな・・・。
慌てず、必要な時間をかけて制作したいと思います。

秋にはそれを着て、どこかで舞いたいと思います。
山の中でひとりでもいいしね!!
誰か一緒に行きますか~?
IMG_1129_convert_20120322142251.jpg
スポンサーサイト
別窓 | 踊り | コメント:8 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり | NEXT