ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

引越し先 知立散策 その1

知立神社へ行ってきました。
ようやく・・・・、旦那と一緒にご挨拶に行こうと決めていたので、ようやくといったところです。

ここは東海道53次の49番目の宿場町です。
知立・・・ちりゅう・・・ちりふ・・・池鯉鮒・・・だったそうで。
歴史民俗資料館も、図書館と併設であります。

古墳や遺跡もちょこちょこあって、縄文土器や弥生土器も展示されていた。

伊勢物語で有名な在原業平の縁の地でもあります。

そして弘法町と地名にもなっている、弘法神社ともいわれる遍照院。
見返弘法大師と呼ばれている像があります。
毎月旧暦21日は縁日で知立駅から1,2kの道筋は歩行者天国として車は規制され、
沿道一杯に数百軒の露天が出て、大勢の参拝者で賑わうそうで、なかなかすごそう。
そのお陰か仏壇仏具やさんが妙に多い。

他にも宗教法人が多い。
外国人も多いからか、教会もいくつかあり、ミサが毎日あります。

それで、知立神社。
5月には山車がたくさん出る壮大な御祭りがあるそうです。
今から楽しみ~♪
秋には知立神社内にある秋葉神社で火祭りもあります。
私の好きな文楽も盛ん♪
山車の上で文楽やるそうです。
楽しみ~♪

引越し決まったときは、「えええーーーーー(がっくし)」といった気持ちもありましたが、来てみたら・・・・楽しい!!
広い!!
部屋も、空も、道も、建物間も、なんか広い!!
山の上から眼下を見渡す広さと違い、目の前が広い。

しかしゴミ捨て場は遠い!!
燃えないごみなどは、徒歩10分くらいのところにあります。
ひょえー。

でもなんだかみんな優しい♪
町内会って入るの初めてです。
都内はなかったからな。

そしてお隣は無人駅。

こんなに歴史もある土地に住むのは初めてで、なんだかウキウキワクワクしてしまいます。
とりあえず、片付けもひと段落したし、土地神様にもご挨拶できたので、明日は伊勢神宮へいってまいります。
楽しみ~♪
日帰りで行けるようになったから、今年は毎月参拝しようかと思っています。

そして、2月の誕生日には、スペシャルな方々にお誘い頂いて、出雲へいってまいります。
これもワクワクします。

しかし旦那さんはお仕事でお疲れなので、せっせと掃除、食事、弁当作りにも励みます。
落ち着いたら、自分の仕事をもっと増やしていきます。

再来週には東京へ行くし、なんだかバタバタしていますが、いつも風を感じるこの土地で自分に新たな変化が生まれていくのを感じます。

自転車でだだっ広い田んぼの真ん中を走りました。
竜巻のような竜神のような雲が夕日の中で昇っていました。


どうして私は何にも出来ないのですか?
こんな毎日でよいのでしょうか?
大変な人がたくさんいます。
苦しんでいる人もたくさんいます。
私はこんなんでいいんですか?
生きている価値があるのでしょうか?


「 思いっきり生きていけ!! 」




スポンサーサイト
別窓 | 愛知、岐阜旅、散歩 | コメント:14 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり | NEXT