FC2ブログ

ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

全ての人へ敬意をはらえ。

今、テレビで被災地の妊婦さんのことがやっていました。
側にいて力になれることを精一杯やるを出来ればいいけれど、たくさんいる。
一人だけではない。
昨日は牛の話し。そして親を亡くした子の話し・・・。
毎日、泣いてもどうすると思いつつ、涙が溢れる。

最初のこれと同じ気持ちは、中学1年生の時に私は訪れた。
繰り返される戦争や自然破壊・・・それが連日報道されて、何故?どうして?私は何も出来ない・・・。
と自分の無力さに悔しさと腹立たしさとあきらめの混じった涙を毎日流した。
そしてだからといってボランティアに身を投じたり、人のために尽くすなんて、利己的な自我の強い私には到底無理と自分の価値は下がった。

物語に対しても同じ。私は作られた話しだろうと、生まれたものはきっとどこかで本当の出来事だと何故だか思っている。

その思いの中に入ると動けない。苦しい。

中学生の私は、どうせ無力な私なら、自分のことをやろうと思った。
やりたいと思ったことを出来る限りひとつ残らずやってみようと思った。
そして動くことができた。
そう思ったことが根本にあるので、下手だからとか、才能ないから、という理由ではやめない。
自分の中に熱い思いがなくなったらやめる。
何故やりたいのかをよくよく考えた。

今ここにきて、同じ悔しい思いを深く味わい、私はどうするのか?
またでは自分のことをやろうなのか・・・。

まずは隣の人から。
周りの人が困っていたら、率先して出来ることをしたい。
そして必ずあきらめず、願って生きたい。全ての調和を祈って生きたい。

まだまだ自我はたくさんあり、心の中が上手くいかないこともあるけれど。
やりたいことの中心は、心の奥深く、そこで一つでも多くの魂と触れ合いたい。
人も植物も風も水も動物も地球も、精霊も、神とも。

私が私の内側からよく聴こえるメッセージのひとつ。
「 全ての人に敬意をはらえ。 」
人だけでなく、全てのものに魂、心、神・・・は宿っている。
もちろん私の中にも。
なので、ぐちゃぐちゃしても、ダメダメなこと発してしまったり、独りよがりや自己中心的な自分が出てしまっても、あきらめず、そこを目指していこうと思う。

(私も含めて)一人でも多くの人が、100パーセントでなくとも、少しでも多く魂と触れ合える瞬間をもてますように。




スポンサーサイト



別窓 | 徒然日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |