FC2ブログ

ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

広島原爆投下の日 両親とシャーマンの師匠から

今日は、8/6広島原爆投下の日。
8時15分テレビの前で黙とうしました。

中学二年の夏8/6、私は広島にいました。
式典中の暑さはすごかった
しかし周りの真剣さはひしひしと伝わってきて神妙にしていました。
当時の首相が登場すると「〇〇帰れ?!!」と叫ぶ人がたくさんいました。
鳩が多すぎて、暑い中公園で食べようとしたお弁当には、あっという間に鳩の糞が入って、私は捨ててしまいました。そしてすぐさまそれを拾って食べる浮浪者の方がいました。
原爆を浴びた方のお話を聞いて、本当につらく涙が出ました。
今でも、投下は仕方がなかったという方がいて、聞くたびに悔しくて涙が出ます。
なぜこんなことが起きなければならなかったのだろう・・・
そう思うことがたくさんありすぎて、中学生の私は、自分の無力さといい加減さにうんざりして、どうせ何にも役立てないなら、自分のやりたいことをやりつくそうと決めました。短絡的思考でした。
今も、え、なんで?どうして?と地団駄踏むことはたくさんたくさんあります。

無駄だといわれても、世界の平和を心から祈ります。人間のみならず!!

世界の平和・・・一見とてもいいことを言っているようですが、胡散臭くなってたり、他のことが混じってたり、一方的な偏見的な思いになっていたり・・・。
私は踊りで自分をみさせられます。
祈りとともに踊ること・・・自分ではいつも真剣なつもりです。
しかしそれをビデオに撮ったものをみた時・・・、ひどい、なんだこれはとがっくりくることがあります。
それがそういう時なんです。きっと。そうなんだと私は思っています。
純粋な祈りを届けたい。そうなりたい。

これにはシャーマンの師匠から大切なことを学びました。
前回のブログではスピリチュアルは幻し、幻覚、洗脳、みたいなこともあると触れました。
このシャーマンの師匠のことも、友人やら何人かから「騙されている。」「魔法をかけられている。」などなど止められたこともあります。
そうかもしれません。
しかし、私は選びました。
そして私の、変えがたい、どうにもこうにも変わらない、ずーーーと望んでいる「踊り」をするためにとてもとても素晴らしい体験と経験と知識をもらいました。
しかし、それを生かすのは自分次第。師匠を思い出しながら、頑張ります。


そして父と母・・・私の父と母は、いろんな活動をしていました。
子供の頃、自宅で原爆の16ミリ上映会をしたり、いろんな人の相談にのったり、他にもいろんなことをしていました。
当時とても怖い父で、すぐ怒るので、とても嫌でした。なのにお手伝いをしなければならず、憂鬱でした。
母は忙しく、わがままを言う隙もなく、寂しく思ってもいました。
しかし父と母が、世のため人のため、未来のために頑張っていることはわかりました。
日常の小さなこと、ごみ捨てのことなどからもそれはうかがいしれました。
私は自分の身勝手さ、自己中心さをよく知っていましたので、ちょっと自暴自棄気味。あとふてくされ気味。

私が広島へ行く前日、父が原爆への思いを熱く熱く語ってくれました。
朝から、「感動とはなにか?」みたいなこと聞いてくる熱い熱い人です。
ちょっと熱くなりすぎて、偏りすぎていて、病気になり、現在ずっと入院中です。
でもとても愛すべき人です。

「熱い熱い思いが世界を変える。」これもシャーマンの師匠から聞いた言葉です

私自身が心から熱くなれるところから、深めていきたいと思っています。


タイマッサージ全国ブログランキングに参加してます。
以下ポチッとお願いします。
タイマッサージ全国ブログランキング




スポンサーサイト



別窓 | 徒然日記 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |