ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

京都巡り 嵐山と清水寺へ

京都の嵐山へ初めて行きました。時間があれば鞍馬のほうへ行くので、嵐山は来た事がありませんでした。今回は座禅道場の休憩時間に抜け出してパパーっとまわってみました。良かったらまたの機会にじっくりとと思いましたが、私はやはり鞍馬派だな。

プラプラ適当に、天龍寺、渡月橋、竹林、野宮神社~というところ。

なんとなく嵐山では和菓子とお抹茶と勝手に盛り上がっていたので、とりあえず水無月というこの季節のお菓子とのお抹茶セット。
IMG_1785_convert_20160628210931.jpg
暑いので冷たいお抹茶。しかしやっぱり温かいほうが味わえる。水無月はういろうに似たもちもちとしたぼやけた味のお菓子です。私はぼやけた感じが好き。
IMG_1791_convert_20160628211129.jpg
天龍寺巡って渡月橋。川のせせらぎが気持ちいい~。でもどうしても火曜サスペンスが思い浮かぶ。川沿いを歩いて、公園の中を散策して、竹林へ。
IMG_1830_convert_20160628211212.jpg

IMG_1839_convert_20160628212446.jpg

野宮ののみや神社
IMG_1851_convert_20160628212515.jpg
伊勢神宮へ奉仕にむかう内親王が潔斎のために居住された場所だとか。3年間もこちらで潔斎してから向かったそうです。
IMG_1846_convert_20160628213519.jpg
時間制限があったので、とりあえず嵐山で行っておきたいところだけ。奥嵯峨とか太秦とかも行けばまた違うのだろうな。


それから座禅修行終えて、京都駅でみんなと別れてから、鞍馬はあきらめたけど、どこか一つだけ行くことにしました。考えたけどやっぱり定番中の定番、清水寺へ。混雑していても、何度行っても、好きなところの一つです。
IMG_1908_convert_20160628213220.jpg

IMG_1870_convert_20160628212536.jpg
とってもいい天気。

随求堂(ずいぐどう)の胎内めぐりへ。この胎内めぐりは何度やっても感激します。どんなに暑くても、疲れていても、リセットしてくれます。それから清水の舞台へ行って、本堂へ。ちょうどご祈祷の方がいらしたようでお坊さんが長いことお経をあげていらっしゃり、お経が響き渡る中、ずっとご挨拶していました。とてもいい時間をいただきました。大満足。混んでいてもすっと誰もいなくなる時間があって、長くいるとそういう流れを感じ取れてまた面白い。

IMG_1878_convert_20160628212602.jpg
清水の舞台から。夏の勢いのある緑たち。

IMG_1898_convert_20160628213137.jpg
下から清水の舞台。タイタニックやっている人とかいた。

IMG_1903_convert_20160628213543.jpg
いろいろ巡るより、好きな場所でじっくり過ごすほうが好きだな。美術館でも全部観なくても好きな絵をずーーーっと眺めていたい。そういうものや場所に出会えることは本当に純粋な喜び。

好みはもちろんあるけれど、今回の三輪山合宿では、三輪山をじっくり味わって欲しい、登拝もさっさと登ってしまいがちだけど、じっくり一歩一歩、空気、空間、いろいろ感じながら登ってほしいという気持ちいっぱいで企画しました。むちゃくちゃ美味しい~と私は思う、生き生きとした三輪の空気が皆さんの中に細胞の中に取り込まれて、ふつふつと合宿終わったあとも発酵していればと思います。


東京レッスンご案内 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html
7月、9月滝行合宿開催 受付中http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-983.html







スポンサーサイト
別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨

京都の座禅道場へ

京都の東寺へ。
IMG_1736_convert_20160628184700.jpg

IMG_1734_convert_20160628190117.jpg
暑い日でしたが、お堂の中はひんやりしていて、静かにお祈りできました。
蓮の花が見ごろで美しかった。
IMG_1726_convert_20160628184428.jpg

IMG_1758_convert_20160628184733.jpg

そのあとは京都で3泊4日の座禅修行に行ってきました。
久しぶりの座禅修行。

知り合ったフランス人に京都でちゃんと座禅を出来るところはないかと聞かれ、ここはどうかと紹介した禅寺。私が京都で行ったことのある座禅のできるお寺は、とても厳しい場所か、観光客相手の日帰りの場所くらいだったので、その他でいろいろ調べてここならと思って紹介したのでした。

紹介したのに自分で知らないのもなんだから一度行ってみようと思っていて、今回ようやく参禅できました。最低3泊4日からなので、まとまった休みが取れないと行けません。でも1週間、2週間、1ヶ月、それ以上といる方が結構います。高校生から定年後の方々まで、いろんな年齢、全国各地からの参加者&スタッフでした。

厳しすぎず、作法はいろいろあるけれどご飯が美味しく、仲間がたくさんいて、居心地がいい感じでした。
早朝起きて15分で身支度、気功、座禅、掃除、座禅、朝食、作務、座禅、昼食、そこまでで午後1時半くらい。あっという間です。
夕方の座禅までは3時間くらい自由時間。書庫があり、宗教系やカウンセリング系の本がずらっと並んでいて、自由に読めます。のどかな山のお寺で、散歩したり、昼寝したり、歓談したりと思い思いに過ごします。それでまた座禅、夕食、座禅、法話、読経など、、、22時就寝。シャワーは合間合間の時間で、20分以内。希望の枠に書き込んで早い者勝ち。
IMG_1771_convert_20160628184834.jpg
裏山で練習しようとしたけれど、でっかいゲジゲジはいるし、マムシはいるしであきらめて境内でやっていました。そしたらあの立っていた人ですよねと後から何人かに言われました。立っていた人・・・たんとう功、立禅やっていた(笑)。

食事作法がいろいろあるので、最初はそれがきついと感じる方が多いです。音をたてないようにするので、たくあんでさえもあまりかまずに飲み込みます。依然行った厳しかったところはお粥がアツアツでそれを音を立てずに飲み込むのが本当に大変でしたが、ここは人肌にして下さっていて飲み込みやすくて有り難かったです。

帰りは、一緒に下山した方たちと京都駅でじゃあ軽く~とお茶して2時間!!鞍馬山を駆け抜けようと思っていたけど、今回はこれも縁としました。二人とも、母娘の根強い悩み、呪縛に苦しんでいるとのこと、、、その話しを伺いました。座禅に来る人は本当に真面目~な人が多いな~と思います。

三輪山から続いて、満月と夏至を山の中で座禅三昧で過ごし、なんだかとても身体は軽くなっていました。いや単にあんまり運動しなかったから身体の休息になったのかも。次回京都来たら鞍馬山を駆け抜けようと思います。
IMG_1777_convert_20160628210903.jpg
散歩していると、シロサギさんとアオサギさんによく出会いました。
右がアオサギさん、左がシロサギさん。アオサギさんとシロサギさんの出会っているシーンに度々遭遇するけど、お互い何を思っているのだろう?


東京レッスンご案内 http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-category-1.html
7月、9月滝行合宿開催 受付中http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-983.html



別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨

鞍馬から貴船へ

鞍馬から貴船に抜けました。
20130514+125_convert_20130515090947.jpg

20130514+129_convert_20130515091217.jpg

平日でしたが、結構にぎわっていました。
気持ちのいい清々しい陽気。
20130514+130_convert_20130515091040.jpg
大木がたくさん。

水の湧き出るところはたくさんありますが、ここもすごく気持ちいい
20130514+134_convert_20130515091132.jpg

20130514+139_convert_20130515091327.jpg
いい植物が育ちますね
20130514+145_convert_20130515091358.jpg

貴船神社の奥宮が気持ちいいので、そこのベンチでしばらくボケーーーー。何もしない時間。
ああ、気持ちいい。心地いい。空気が美味しい、優しい
20130514+167_convert_20130515091451.jpg

20130514+169_convert_20130515091559.jpg

帰り道で、魔王殿で踊った時にいたお二人とばったり再会。私が貴船散策中、お蕎麦を食べていたそう。出町柳までご一緒しました。
落ち着いた、お上品なお二人。
旅の間で、ちょっと話したり、挨拶したりはするけれど、こんなのは初めてだと喜んでいらっしゃいました。
京都で一番気に入った場所はありますか?と伺ったら、「 今、ここ。 」だと(笑)
紙に大きく「 楠 」と書いているから、何かの覚書かなと思っていたら、お名前が楠さんで、ご住所、自宅と携帯の電話番号と詳しく書いて下さって、連絡してねと念を押されました。はははは、70代のお友達二人増えました

20130514+182_convert_20130515091615.jpg
予約した帰りのバスまで時間があったので、お二人とお別れした後、出町柳から鴨川沿いを歩きました。
三条、四条と、ウィンドウショッピングして頭を慣らし、帰ってきました。
20130514+183_convert_20130515092538.jpg

新幹線よりも、バスのほうが好きです。歩いている人、信号変わるのを待っている人、働いている人、急ぎ足で歩く人々、遊ぶ子供たち、ワンちゃんとお散歩中の人、・・・・人を眺めるのが好きです。
高速道路になると、山々を眺めて、空を眺めて、飽きることがありません

イスラエルへ行く霊的準備はこれでだいぶいい感じがします。知らない人ばかりの日本人とアメリカ人の霊的混載ツアー。直感だけで決めました。
後は物理的準備が・・・・、その前に引っ越しの荷造り頑張らないと
20130514+154_convert_20130515091919.jpg





別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨

鞍馬山へ行ってきました。

5/14鞍馬山へ行ってきました。
来週行くイスラエルと鞍馬山が自分の中で繋がっていて、ここは今行っておきたかった。
今年の5/25のウエサク祭はイスラエルにいますが、来年は参拝しにこようかな。

朝名古屋からのバスで京都へ。
鞍馬には昼前に着きました。
20130514+007_convert_20130515003846.jpg

新緑が美しい
20130514+012_convert_20130515004207.jpg
椿もたくさん
20130514+029_convert_20130515004512.jpg
じっくり登りました。
お社は丁寧にひとつひとつご挨拶しました。
海外へ行くとなると、いつも以上に日本の神々へ感謝とご挨拶をと思ってしまいます。
20130514+017_convert_20130515004230.jpg

鞍馬寺に到着。中央に先日買ったブルートパーズを置きました。
それを見て他の人が時計や指輪で同じことを始めて・・・ちょっと恥ずかしかった。
20130514+036_convert_20130515004648.jpg

20130514+041_convert_20130515004435.jpg
奥の院への道にて、青い玉。

20130514+065_convert_20130515004944.jpg
奥の院の魔王殿。すごく気持ちがいい!!歩いていて、特に気持ちのいいスポットがいくつかありましたが、ここは本当に心地よかった
ここで舞を奉納しました。
鞍馬山のどこかで踊ろうと思っていましたが、ここでした
あー良かった。一番の目的達成
お二人のおじいさんがベンチで休んでいらっしゃったので、「踊りを踊ってもいいですか?」とお断りしてから踊りました。おじいさん達とは、そのあと仲良くなって、連絡先交換しあいました
20130514+066_convert_20130515004803.jpg
魔王殿を出ると、トカゲさんに会いました。
20130514+123_convert_20130515080814.jpg
藤の花もいろんなところで咲いていました。
20130514+051_convert_20130515004724.jpg

20130514+106_convert_20130515005028.jpg

この日は本当にお天気がよく、明るいいい日でした。
このまま貴船へ続きます。
20130514+119_convert_20130515081009.jpg
今にも歩きだしそう。


別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨

座禅修練道場 1泊2日

15年ほど前に踊りの師匠に勧められたのがきっかけで始めた座禅。
通いや1泊の座禅はちょこちょこ行ってきました。
今回も旦那から座禅道場に宿泊と聞いて、「 あ、そう。」くらいにしか思っていなかったけれど、ここは考えていたほど甘くなかったと、入ってすぐに分かりました。
京都のお寺で座禅体験!!というものとは違っていて、きちんと僧坊のやり方に則った座禅修練道場でした。

 夕方5時半に受付。女性6名、男性は15名くらいで、この日は全部で20名ほど。
初めての人は私たち含めて7,8名くらい。
入ったら、明日の解散まで出ることは出来ません。

安単茶礼(道場への入り方、お茶の頂き方など)→ 座禅
→ 講話やビデオ → 座禅 → ただちに就寝


場によっての決まりごとや手順の違いもありますので、ここに長く通っていらっしゃる方を真似て行います。
1回目の座禅の後、初めての人は別室にて和尚さんがいろいろご説明して下さいました。

かなり冷え込んでいました。もちろん暖房は一切なし。もちろん裸足です。
途中、障子を開け放つと、夜の冷気が一層入り込んできました。
男性はそのまま道場で就寝。
女子は和室を与えられます。3人でキュウキュウの部屋に2つに別れました。
大体どこでもそうですが、私は身長が高いので、斜めに寝ないと布団からはみ出ます。
下の男性の寝ている道場から、たくさんのいびきが聴こえてきます。

 朝、男性は目覚めても5時までトイレ以外は布団の中にいなくてはなりません。
団体行動だからです。
女子はもう少し早い。4:40起床しました。ただちに布団をあげて、準備。

5:15修練道場に集合 → 本堂へ移動 → 本堂にて読経と座禅 → 初心者は食事作法などの説明 → 読経と座禅 → 食事と読経 → 修練道場へ移動 → 作務のお掃除 → 分散茶礼(お茶会と和尚さんのお話しなど。)

老師が本堂での座禅中に現れ、夜明け前の暗がりの中、半眼でもあり、お姿は見えないけれど、お言葉を頂きました。

「 大宇宙の中に身を投げ出せ!!」

食事は、お粥、ひじきの煮物、沢庵と梅干しです。
お粥は飲み込んでいきます。ずずっとすすってはいけません。音を立ててはいけません。
熱いお粥ですが、団体行動ですので、早く食べなければいけません。とにかく音を立てないように、熱いのでそーっと、でも急いで飲み込み、でもごくっと音は立てないように。

この後作務(お掃除など)を行い、終了は朝の9時でした。

寒さは厳しい。3月のこの日でも寒くて眠れなかったという人もいたり、
常連さんには寝袋持参の方もいたり。
でも夏は蚊がきても動いてはいけないので、刺されまくりだそうで、もっと大変らしいです。
もちろん鼻をすすってもいけません。垂れ流しです。
決して動かないこと。他の方の迷惑にならないように。

A地点からB地点へ行く。そこに行くことしかない。それだけ。
途中に何かよぎったり、考えたりしない。
和尚さんのその移動の仕方にものすごく惹きつけられました
食べる時は、食べることだけに集中する。ただそれだけになる。でも作法はきっちり。

20130317+055_convert_20130317165734.jpg

初めは座禅自体よりも、決まりごと、作法などに気を取られて、「 それどころじゃない 」となる人も多いかと思います。
「鼻をすするな!」
「お粥をすする音がうるさい!」
「急げ!」
・・・などなどなどいろんなところから先輩方からの叱咤激励?が飛びます。

続けている方からは当たり前のこと。叱咤していただくのは有難いことです。
何のためにここにいるのか。
お掃除もタラタラとやっている人もいたりして、その他にもこちらを見ていて気になることも多かろうと想像出来ます。

しかし座禅道場では、膝や腰を痛めている方が多いのが気になります。
結跏趺坐でなくてもいいのですが、結跏趺坐で座禅していて足首の靭帯痛めたことが過去に私もあります。
どうしても身体を動かしたい時は、警策を利用するといいと教えて頂きました。
今回も座禅だけでなく、説明中に冷たい板の床の上で正座し続けだったりと、痛みのある人には辛いですね。
長く続けるためにも、身体を整えることが本当に重要だなと改めて思ったりもしました。


 解散後は、またのんびりモードにすぐ戻っちゃって、現の中へ復帰しまくり。

三十三間堂へ行き、
20130317+056_convert_20130317170239.jpg
宇治へ行きました。
20130317+065_convert_20130317165851.jpg
どちらも空気がゆったりとしていて、極楽浄土な空気感
日々修行されている方々へ尊敬の念を送ります。
別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり | NEXT