ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットン/パステルシャインアート/踊り

プーケットへ行ってきました。 その2

ダイビング体験

着いた翌日、初めてのダイビングに挑戦しました。
プール講習では、上手い!とか、落ち着いている!とか、ライセンス取っちゃえば、なんておだてられ、結構上機嫌。
でもプールは寒い。終わった頃には、ガタガタ、ガチガチしてました。

ランチの後、海へ!!
プールで余裕だったのに、なんでか・・「耳がいた?い!!!!」
すんごく痛くなってきた。ちょっと待ってもらう・・・。
これが耳抜きできてないってやつか?。真面目に痛い(涙)。
でもここで帰っては・・・目を閉じて呼吸に集中してみよう。
(私が目を閉じたままなので、周りはちょっと焦ったらしい。ごめんなさい。)
体内の空気が足りなくて、耳抜き出来ないんだろうから、吸うほうをもっとしてみようと思いつきました。
スーハーじゃなくて、スースーハーでいってみよう。
これのお陰か、落ち着いたからか、その後は大丈夫でした。
でも2回めは浅めにしてもらいました。
実は・・・今でも耳の中がおかしい。

海の中を散策してたら、目の前に目がくりくりの海水パンツ一枚のおじさんが!!
え、ここって海の中。え、沖から離れてるけど。
海の中で、おじさんは、身振り手振りで話しかけてくる。
理解できなくて浮上。
おじさんは、泳ぎが得意らしい。
こっちはボンベしょってるのに、すごいツワモノでした。

それにしても・・・ダイビングは運動量は少ない。体温が奪われて寒い。
でも不思議な感覚は味わえました。
呼吸ができることって幸せ?。

写真は撮る余裕なし。


シーカヌーツアー参加

ダイビングもして、疲れが残っている翌日、シーカヌーツアーへ参加しました。
今回は動いてるな?。

英語の外国人混載ツアー。
中型の船に乗ります。
時期的に満員です。
西洋人・・・フランス系、スペイン系・・・、それと中国人・・・、日本人は私達の他は二組四名のみ。

ポイントに着くと、船底からカヌーを出して、みんなを順番に乗せてくれます。
ゆらゆら揺られて、気持ちがいいです。
20110203+072_convert_20110214211801.jpg

20110203+058_convert_20110209001057.jpg

20110203+067_convert_20110214190234.jpg
このあたりは、高千穂峡を思い出す渓谷です。糸みたいな細い魚がたくさんいました。

20110203+065_convert_20110214190036.jpg
この辺は、水の色は違うけど、イタリアの青の洞窟を思い出し・・・なつかしい?!!
青の洞窟は美しくて感動したな?。今回は感動よりも気持ちいいな?という気分でいっぱい。

20110203+061_convert_20110209001249.jpg
光で青く光って見える石。なんとかダイヤモンドとかいう名前でした。


ジェームスボンドの映画に出てきた島。
20110203+086_convert_20110214190531.jpg

20110203+083_convert_20110214212210.jpg

20110203+091_convert_20110214212400.jpg
猿達の住む島や、いろんなスポットを巡り、帰りは歌や踊りのショー。
船のスタッフが、楽しませようといろいろ声を掛けてくれたり、催しを考えてあったり、嬉しかったです。

いろんな国の人たちと笑い合えたのも、良かった。


プーケットの朝

20110203+028_convert_20110214161942.jpg

20110203+042_convert_20110214162733.jpg

朝の散歩してたら、きれいな空に出会えました。

夜のプーケットは、散歩くらいであまり遊びませんでした。
朝散歩していると、夜の残り香と朝の清清しさが入り混じっていました。




スポンサーサイト
別窓 | その他海外 | コメント:4 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

プーケットへ行ってきました。その1

 プーケットへ行ってきました。
タイの中でも屈指のリゾート地。
たくさんの西洋人と中国人に囲まれて、日本人は少数派でした。
それもそのはず・・・ちょうど旧正月の日。中国のお正月なので、中国人一家がたくさんで航空券もキャンセル待ち状態でした。

2/3午前0時台のフライト。眠いな?
2/3の昼にはプーケット到着です。

やはりまずは海
20110203+004_convert_20110208214643.jpg

20110203+006_convert_20110208214816.jpg
砂が細かくて、足裏が気持ちいい。波打ち際には、小さな貝殻がたくさん、生きている貝も混じって、カニなんかも混じって、たくさんいました。

エステとマッサージ三昧。
人に触られるのが、どちらかというと苦手かも・・・ですが、勉強のためにもいろいろ受けてみました。
20110203+014_convert_20110208215156.jpg

20110203+020_convert_20110208215351.jpg

20110203+018_convert_20110208215633.jpg
いろんなものを食べました。
海辺なので、取れたての魚介類が氷の上に並べられています。
ダイビングショップの方に美味しいお店を教えてもらいました。
20110203+026_convert_20110208215946.jpg
こういった塩焼きなどは、お勧めでないそうです。
海水が温かいので、身のしまりが悪く、油ものっていないそう。
揚げてソースなんかが、かかっているのがいいと教えてもらいました。美味しかったです。
タイ人の方は、生のお魚、刺身などは食べない。食べている人を見ると、面白がるか、気持ち悪がられるか。

私のタイ料理の中でのお気に入りは・・・
一位 スープのヌードル
二位 マンゴーともち米のココナッツがけ
三位 料理じゃないけど、ウォーターメロン(スイカ)ジュース

お店によっても違いますけどね。
スープヌードルは・・・以前ルーシーダットンのお勉強に一人でタイのチェンマイに滞在している時、お昼はお弁当でその時からはまりました。具と麺の種類を選びます。
なんとスープヌードルは、ビニールに麺とスープが別々に入っていて、自分で器の中で合体させるというもの。えーと思いましたが、美味しい!!!病み付きになりました。
パッタイは、きしめんのように太い麺のものが好きですが、なかなか出会えない。今回は最後の日にありつけました。

今回は、フルーツサラダが意外な美味しさでびっくり。甘酸っぱいドレッシングにナッツがたっぷり、細かく切った果物がたくさん。
タイのサラダは他にもいろいろ頼みましたが、ほとんどとても辛い!!とてつもなく辛いものもあり、その後は舌がヒリヒリしてスープ類は飲めません。辛い・・・でも美味しい・・・辛い・・・でも・・・食べ続けます。

そして汗かくからいいだろうと、これでもかとスイカジュースを飲みます。お腹壊しても飲みたい。
マンゴーやココナッツは、辛いもの食べた後、中和させるのにも役立ちます。
タロイモのココナッツがけも食べました。甘くてほんのり温かいココナッツスープにタロイモの色とりどりのお団子。う・・・でも茹でた卵が入っている。美味しい・・・タイでは料理の食べ合わせを覆させられることが多いです。

・・・食べるのに夢中であまり写真に撮っていません。タイ料理は美味しいし、楽しいな?。

20110203+002_convert_20110208222401.jpg
ホテルから見るプーケットの町並み。

20110203+008_convert_20110208222659.jpg
猫も犬もたくさんいます。犬も首輪はしていても繋がれていません。

20110203+016_convert_20110209091443.jpg
続く・・・・
別窓 | その他海外 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

タイへいってきま?す!!

今晩から?2/7朝まで、プーケットへ行ってきます。

旧正月にちょうど出発です。節分ですね。
羽田発、2月3日0時台のフライト。
ちょうど一ヶ月後は、ルルドです!!!

プーケットは、海に抱かれて、大地を目一杯楽しんできたいと思います。
初ダイビング。
ゾウには乗りません。


旦那と私の予定があうのがこの日程だけ・・・。
で決めたのですが、
その他の候補地は、エジプトか、宮崎・鹿児島聖地巡り。
現地の方々のことを思うと、ラッキーだったとは言いにくいですが・・・、危なかった。

メールなどの返信は2/7になります。

宜しくお願い致します。

別窓 | その他海外 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

ルルドのその他

ルルドの町並み
mati.jpg

パンが美味しかった?。
チーズ・バター・ヨーグルト・牛乳・・・とにかく乳製品をよく食べました。
クロックムッシュが美味しかった。
あちらではホットチョコレート(ココア)をショコラシューといいます。
こちらのコーヒーは私には苦くて、毎日ショコラシューを飲んでいました。

美味しいチョコレート屋さん
今年のバレンタインはルルドにいたので、旦那さんにここのチョコレートをたんまり買いました。
直径10センチくらいの大きなチョコをこれとこれとこれ!!と選んで詰めてもらうのが楽しかった。
t.jpg

裏山に精霊がいました。ここではいろんなものに出会った。
urayama.jpg

可愛いリスさん
本当に重力を感じさせない動きで、ほわーっと見惚れていました。
でも二匹は食べるのに夢中。
risu.jpg

可愛い鳥さん
こちらも食べるのに夢中。
tori.jpg

もの言いたげな石たち
「帽子をかぶったライオン」
isi.jpg
「モディリアーニ風 うつむく人」
ka.jpg

「天まで届け?!!」

こ、これは、上から下まで真っ白だから保育園のお遊戯会でやった白ヤギの役みたい。
(でもポーズからするとヤギより白鷺くらいかな・・・)
私はその時はヤギと一緒に踊るキャベツの役だったので、全身緑で頭には手作りのキャベツのお面をかぶっていました(ヤギ役に密かに憧れていた)。
今思えばなんでヤギとキャベツが一緒に踊ったのだろうか?
ジャガイモの役もいました。
保育園の頃は、よくお面を作らされていたな?。
あの頃から変身願望が芽生えたのかもしれない。
20100210繝ォ繝ォ繝牙キ。遉シ+107_convert_20100219010923

最後の締めはマリア様で
m.jpg
k.jpg
イエス様へ続く・・・。もしかして次はエルサレム・・・。

いえいえ、もうしばらくは日本の土地で、宇宙人と交信します。
繝ォ繝ォ繝・039_convert_20100219034413

長い間ずっと向かい合って話していた二人。
私は横並び派だけど、あっちはレストランでも必ず向かい合うみたいですね。
fu.jpg


3/20?3/22 宿便取り&ルーシーダットン合宿開催
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=49284401&comm_id=214670

3月自主開催はこちらからご覧下さい。
http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-102.html





別窓 | その他海外 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨

祈りの力 「ルルドへ行ってきました。」

フランスにある聖地ルルドへ行ってきました。

繝ォ繝ォ繝・006_convert_20100217181646

「ルルドの泉」での沐浴。
そこを取り巻く聖堂たち。
ピレネー山脈に雪がかかってとても清々しく美しかった。
つらら
寒いのでつららがたくさんあって、水晶のようでした。
野生のリスやいろんな鳥たちに出会いました。

ルルドの泉周辺は、まさに「祈りの場」

ものすごく柔らかくこまやかな優しい波動…、その中に身を置き、身体に染み渡るような空気と水に癒されました。
しんしんと雪が降る中、静かに祈るように踊り、踊るように祈りました。

fuukei.jpg

2/11は、この地に聖母マリアご出現の日ということで、記念の式典、ミサがいろいろ取り行われました。
世界中から大勢の人が集まり、人のうねりの中で気分が悪くなったりもしましたが、祈りの集合体を体験し、祈りの力をとても感じられました。
いろんな出来事や心の葛藤や疑問や気付きや感動がありましたが、言葉にするのがためらわれるので止めておきます。
自分を見つめる旅になりました。

ti.jpg
地下大聖堂での式典

マリア空
夜9時から始まるろうそく行列。


なぜルルド??

(キリスト教でも、マリア様信仰でもないのに、こんな遠いところへお金も時間もかけて、なぜ行くのかな私)
とどこかで思いながらも・・・、

「行ってよかった。」

しんしんと雪が降り積もるように、スノードームをひっくり返して雪が舞っているかのように、
私の中で、内側で、まだ余韻が続いている。
まだ静かに巡礼が続いている。
なぜルルドへ行ったのかという理由は一応答えは出ているけれど、これが落ち着く頃には、もっとはっきり身体の中、細胞全てが、腑に落ちていくのではないかと思っている。
今は、涙の密度が濃くなって、細胞がじわじわと音をたてている感じがする。

意味がよくわからないけど、今回の旅は、私の財産になりました。
まだ終わってないけれど。
焦らず、自分のペースで進んでいこうと思います。

祝福が降りてきた・・
ミサ跡

3/20?3/22 宿便取り&ルーシーダットン合宿開催
詳しくはこちらをご覧下さい。
http://mixi.jp/view_event.pl?id=49284401&comm_id=214670

3月自主開催はこちらからご覧下さい。
http://hiruri.blog63.fc2.com/blog-entry-102.html
別窓 | その他海外 | コメント:12 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり |