fc2ブログ

ルーシーダットンをするひるり

ルーシーダットンインストラクターと踊りをやっています。

表参道 銕仙会能楽研修所へ

いつもお世話になっている舞踏家さんが出ている公演を観に銕仙会能楽研修所へ。能は高校生の時から好きなのですが、銕仙会能楽研修所はいまだかつて行ったことがありませんでした。
入ってみたら、入り口からとても温かな雰囲気。研修所だからなのかな?
IMG20221202201454_convert_20221206214214.jpg
穏やかな木のぬくもりが伝わってきてとてもいい空間。
それぞれ違いはあるけれど、やはり能楽堂自体いいなぁ。ここは客席も座っていて気持ち良かった。
IMG20221202201518_convert_20221206214227.jpg
公演はかなりの大人数が出演するものでした。セリフと舞踏とダンスの世界。オーディションで決まったという大人数のダンサーの中には知った顔もいた。
能楽堂の床は普通の舞台よりも滑るから大変だろうに。皆さんビシバシ踊られていました。
今回は能楽堂の良さを再認識し、また能楽堂の公演にアンテナ立てて足を運ぼうと思っていたところ、今月末、ある能楽堂での公演に出演依頼頂きました。なんてタイムリー!!もちろん能ではありません。とても楽しみです!!!
IMG20221202201852_convert_20221206214242.jpg
表参道はファッショナブルな建物がいっぱいですね。
IMG20221202201856_convert_20221206214255.jpg
公演観る前にお茶しようと思ったら、お洒落カフェは満席状態ばかり。。。じゃあスタバでと思ったら、スタバも同じく満席ばかりで、辿り着いたのはプロント。なぜかプロントは空いていました。でも表参道らしいお洒落なプロントでしたよ。とにかくお茶が飲めてよかったです。抹茶のバスクチーズケーキとコーヒーを頂きました!!甘いもの好きを止められない。
最近寒いからか食欲いっぱいです。私はできるだけ身体の欲求のまま、食べたいなら食べ、食べたくないなら食べない。基本が食いしん坊ですが、その時身体が欲しているものを欲している分だけ食べられるのが最高。本当に贅沢な人生です。
スポンサーサイト



別窓 | 東京旅、散歩 | ∧top | under∨

京都 円山公園 弁財天女


IMG20221122114516_convert_20221203154457.jpg

親鸞聖人のお墓、大谷祖廟の掃き清められて整った道を通り過ぎ、

IMG20221122115355_convert_20221203154445.jpg

円山公園へ。八坂神社のほうは混雑しているだろうけれど、奥の方は静かでした。

IMG20221122115727_convert_20221203154508.jpg

滝の音に誘われて。

IMG20221122120307_convert_20221203154536.jpg

適当に歩いていたら、吉水弁財天堂発見。

IMG20221122120656_convert_20221203154548.jpg

IMG20221122120807_convert_20221203154600.jpg

IMG20221122120947_convert_20221203154609.jpg

IMG20221122120954_convert_20221203154618.jpg

IMG20221122121055_convert_20221203154630.jpg

静かでとてもいいエネルギーでした。この一日目だけでも3度目の弁財天様。

IMG20221122121343_convert_20221203154643.jpg

その先は紅葉を楽しめる東屋。混雑など無縁。気功でもやろうかとゆっくりしていたら、人力車が度々やってきてここで写真撮影して行きました。ひとけがなく、写真撮りやすいからお客様をお連れするスポットになっているようでした。

IMG20221122123124_convert_20221203154654.jpg

それ以外は人がほとんどいなくて、しばらく静かに一人で紅葉を楽しみました。







別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨

京都 霊山観音

二年坂歩いて行くと高台寺。初めての京都一人旅は20代の頃、大阪で踊りの仕事した後、一人で秋の京都に泊まって高台寺のライトアップ拝観して本当にとても気持ち良かった思い出です。その思い出に浸って、高台寺に入ろうかな~と思ったけれど、なんとなく気乗りせず止め、

とりあえず適当に歩いていると、、あああっあれは!!!

IMG20221122102632_convert_20221201181038.jpg

紅葉の山をバックにした観音様。知らなかった。

IMG20221122102915_convert_20221203115532.jpg

すごい、、

IMG20221122103040_convert_20221203115548.jpg

眼下に水を湛え、空が雄大に広がり、山々がゆったりと背後に構えている、壮大な観音像、、、

涙が出ました、観音様ならなんでも涙が出るというのではない、
この空間、ここのキラキラとした穏やかで優しく、慈愛という言葉がぴったり、、、なのかなんなのか、言葉にするのはもどかしいですが、嗚咽するほどの感動、感激でした。

ひとけ少なかったので、ひとしきり泣けました。

IMG20221122103136_convert_20221203115604.jpg

後から調べたら、風水としても最高の立地だそうです。土地のエネルギー、流れる水、風、日の光、地下からのエネルギーというのもあるし、その土地というものの影響は絶大です。その場、そこに立った瞬間、ものすごい感激に包まれることは時折あります。それが何気ない場所にもあったりする。もうほかに何にもいらないとその瞬間は思います。しかしまたすぐ煩悩に駆り立てられ、何食べようかとかなっていますが(笑)。

IMG20221122104516_convert_20221203115620.jpg

観音様の胎内に入れます。十二支の守り本尊がずらっと並んでいました。それと弁財天様も。

IMG20221122104415_convert_20221203115652.jpg

大きな観音様の足の裏の絵。

IMG20221122104546_convert_20221203115636.jpg

紅葉も綺麗でした。すぐ隣りが高台寺だし。

IMG20221122110426_convert_20221203115705.jpg

IMG20221122103327_convert_20221203121028.jpg

立て看板より、、
私たちは立派な美術品を見ると感動し、美しい音楽を聴いては心をはずませます。今目前におろがみたてまつる霊山観音さま、大慈悲の権化とも申すべき霊山観音様のお姿をどうぞ礼拝ください。大慈悲心こそ仏の御心であります。誰しも合掌せずにはおられません。

その通りでした。。。ここに立つと、本当に観音様に手を合わせずにはいられない。

大船観音、牛久観音、他大きな観音像は度々出会い、どこも感激しますが、こんなにびっくり感動したのは初めてでした。ありがとうございます。









別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨

京都二年坂 かさぎ屋のおはぎ

清水坂を登っていくと人が多くなってきました。大人気の清水寺は、修学旅行生たちも、外国人観光客たちも、コスプレした人たちも十分増えてくるであろう時間。

IMG20221122095451_convert_20221201180958.jpg

混雑しているであろう清水寺は止めておいて、この時は空いていた二年坂を下りて行くことに、、、

IMG20221122100244_convert_20221201180800.jpg

すぐに左手にかさぎ屋発見!!かさぎ屋さんは超有名甘味処。20年以上前から知っているけど、まだ入ったことなかったお店。ここにあったんだ~。

IMG20221122100239_convert_20221201180739.jpg

まだお腹いっぱいでお茶だけ飲みたい感じだったのですが、、店内お客様ゼロ。チャンス!!と入ってしまいました。

IMG20221122100755_convert_20221201180916.jpg

江戸時代から同じですか?といった店内。奥から小豆を煮るほわっとした匂いが立ち昇っていました。

IMG20221122100401_convert_20221201180946.jpg

この鉄瓶に入ってくるお茶、可愛くて嬉しい。

IMG20221122100748_convert_20221201180901.jpg

このおはぎ!!このビジュアルを写真でたびたび見かけて、行ってみたいなあと食いしん坊の私は思い続けていた。

しかし味は東京のおかめのおはぎの方が好みでした。こちらはかなり甘いので濃ゆい抹茶とか、苦い濃いお茶とかとチビチビ食べるのが良い感じ。おかめのおはぎもまた食べたくなってしまった。食いしん坊万歳の私。

IMG20221122095903_convert_20221201181017.jpg

一休み出来たし、また散策へ。人混み避けて長らく来てなかったけど、二年坂や彦寧坂、石塀小道など、ザ・京都のこの界隈はやはりいいですね。歩いているだけで楽しいです。

今回の京都は思ったほどの人出ではなかったです。コロナ前には到底及ばない。中国の方があまりいらしてないのも大きい違いでしょうね。











別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨

六道珍皇寺

IMG20221122092725_convert_20221129171724.jpg

六波羅蜜寺に続いて、すぐ近くの六道珍皇寺へ。

六道、、地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上
六道輪廻の死後の世界、生前の業因によっていずれかに赴くとされる。

ここは鳥辺野という昔から冥界との境界、六道の辻と呼ばれる場所。あの世とこの世の分岐点。

そして冥界につながる井戸があるという。閻魔大王の役人をしていた人間がいて、この井戸から行き来をしていたという。

なんて魅力的な!!

この時、私以外の参拝者はゼロ。というのも翌日が特別公開の日。どうせ来るならその日に来ますよね。
しかし11月後半の紅葉まっさかりの京都、外国人旅行者も増えて、全国旅行支援もあり、どこも大混雑かなと想像していましたが、一部の人気観光地以外は空いていました。
私が行くところはマニアックだからかもですが、ほぼ一人。コロナ化と変わりなくひとけなし。

IMG20221122094109_convert_20221129171806.jpg

上の写真の右手には文武両道の小野篁というお方や閻魔大王様が祀られていました。
左手にはお地蔵様がいっぱい。水子地蔵尊でした。
そして正面奥には、小野篁(おののたかむら)さんが冥界へ通ったという井戸がありました。

IMG20221122093504_convert_20221129171740.jpg

この扉の向こうに井戸が。中には入れず、木戸の隙間から覗きます。靴を脱いでここに上がりますが、靴下越しでもこの木の床がものすごく気持ちよかった。

IMG20221122093831_convert_20221129171754.jpg

IMG20221122094122_convert_20221129171820.jpg

空は快晴。まだ午前中。この後どこに行こうかとまた歩き始めました。



別窓 | 京都旅 | ∧top | under∨
| ルーシーダットンをするひるり | NEXT